• カナリー バード-Canary Bird は、1911年にイギリスで作出(発見)されたシュラブ系統の品種です。交配親が原種Rosa xanthina(ローザ キサンティナ)とその他で、中国北部から韓国が原産のバラです。
  • Canary Bird は当品種以外にも、同名の品種がもう一つあります。それは1945年にイギリスで作出されていますが、作出者不明でローザ・キサンティナ(Rosa xanthina)または、ローザ・ヒューゴース(Rosa hugonis)の交雑とされています。

カナリー バードは原種のバラ

早春になると他のバラに先駆けて咲きます

  • ドイツのサンガーハウゼン バラ園でのみ栽培されていた。
  • 葉脇から伸びた短い花茎に1輪ずつ開花します。
  • 茶褐色の枝は細くてよく伸びるが下垂する。 
  • 夏季に高温が続くと枝が枯れこむことがある。
  • 冬剪定は枯れ枝を切り取り、枝先を整える程度の弱い剪定に留めます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。10日に1回以上の定期的な薬剤散布が必要です。

スポンサードリンク

一重咲きの黄色いバラ

葉は1cm程の小楕円形で多く茂ります

枝は細くて繊細なのでうつむいて開花します

トゲは特徴のある茶褐色です

小さい場は1cm程の小楕円形です

直立だが少し放射状に伸長します

樹高葉150cm程のシュラブ樹形です

樹勢は強いが耐暑性は少し弱い

  • 品種名:カナリー バード Canary Bird
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1911年
  • 作出者:William Paul  &  Son
  • 系統:[S] シュラブ(Hybrid Rubiginosa)
  • 交配親:詳細不詳 (Rosa xanthina f.  hugonis × Rosa xanthina f. spontanea ともわれる)
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:小輪(花弁数・4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ
  • 樹高:150cm
  • 撮影:野津田バラ園 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

枝から短い花首を伸ばしてズラリ並んで開花する

バラ園の風景:初夏の野津田バラ園にて

野津田バラ園の風景