キャプテン ジョン イングラム-Capitaine John Ingram は、オールドローズの中のモス・ローズ系統の品種です。ツボミや花茎が細かい繊毛でおおわれ、一見すると苔のように見えることからモスと名づけられました。

キャプテン ジョン イングラムは原種モス系統のバラ

オールドローズらしい古典的な雰囲気の中に優雅さを感じるバラ

  • 3輪程の房咲きになり、花もちがとてもよい。
  • 葉は小さくて明緑色です。
  • ダークパープルの花弁は咲き進むとボタン・アイが現れます。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

野生種の強さがある品種なので育てる手間がかからない

繊細な枝振り品種

枝には無数の小さなトゲが覆っているが柔らかい

一季咲きで半自立性の原種バラ

栗赤色のシックな花弁の弁芯から伸びる黄色いシベとの対比が美しい

伸長は250cm程

魅力あるダマスク香は19世紀より受け継がれてきました

  • 品種名:キャプテン ジョン イングラム Capitaine John Ingram
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1854年
  • 作出者:Jean  Laffay
  • 系統:[Moss] モス
  • 交配親:
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:小中輪(花弁数・41+)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:半つる性
  • 樹高:250cm(半つる性なので切り詰めて自立させてもよい)
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

初夏にかけて4週間くらい開花します

バラ園の風景:横浜にあるバラ園にて

春の横浜のバラ園

スポンサードリンク