イモージェン-Imogen は、中輪サイズのフワフワの花弁でです。白色の花弁の中心には黄金色のシベが伸びて明るい黄色になります。草花のような自然な花容で、株立ちは直立に伸長します。

イモージェンはシュラブ系統のバラ

春の花後も繰り返し咲き続けます

  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちは普通。
  • 葉は明緑色で、葉の縁と枝に赤みが入ります。
  • 花名は、シェークスピアの戯曲「シンベリン」に登場するブリテン王の娘の名前に因む。
  • 肥料を欲しがるので、定植する際に腐葉土に堆肥も混ぜ込んで起きましょう。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。10日に1回程度の薬剤散布が必要です。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

樹勢が強く耐病性が優れている

austin 作出のイングリッシュローズ

開花が進んで開ききるとボタン・アイが現れます

爽やかなフルーツ香がある

樹高は130cm程で、あまり横に広がらずまとまりのよい株立ちになります

先端の尖ったツボミが開くとロゼット咲きになる

中輪サイズの花弁が開くと繊細なフリフリ状になる

  • 品種名:イモージェン Imogen
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2016年
  • 作出者:David  C.H.  Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香(フルーツ香)
  • 樹形:シュラブ
  • 樹高:130cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

軽いフルーツ系で爽やかなリンゴの香りがする

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景

スポンサードリンク