エアシャー スプレンデス -Ayrshire Splendens は、オールドローズの中のエアシャー(Ayr )系統のバラです。Ayr系統とは、ロサ・アルウェンシス(Rosa arvensis)を素に、スコットランドのエアシャーで育成されたのでエアシャー系統と呼ばれます。

一季咲きつる性のバラ

卵形の抱え咲きから時間が経ってから徐々に開花する

  • 3~5輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • このページの画像はつる仕立てだが修景用としても育ちます。
  • 匍匐(ほふく)しながら横へ広がるのでグランドカバーにもなる。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。うどんこ病には普通。
  • うどんこ病対策⇒ツボミや葉、新芽の一部がうどん粉のような白い粉が着いているのがあったらうどん粉病です。
  • 白い粉のようなものは、カビの一種です。ツボミや新芽は萎縮してしまいますが黒星病のように落葉することはありません。しかし、株の生育が衰えるので、早めに発症した部位を取り除きましょう。

※ 手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

しなやかな枝は伸長力がありつるバラとして壁面やパーゴラなどに誘引しても映える

どんな場所へも這い上がる品種

5輪前後の房咲になり多くの花をつけます

淡い黄色と淡いサーモンピンク色の花色

ツボミの状態から開いてもコロコロとした可愛らしい花を咲かせます

数輪の房咲きになります

花ガラを摘まずにおくと見事なローズヒップが実ります

ミルラ香の芳香が魅力のバラ

しなやかな細枝性で横に這いながら伸長する

  • 品種名:エアシャー スプレンデンス Ayrshire Splendens
  • 作出国:イギリスで発見された
  • 作出年:1837年以前
  • 作出者:不詳
  • 系統:[Ayr] エアシャー
  • 交配親:不詳
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香(ミルラ香+ダマスク香)
  • 樹形:匍匐(ほふく)性
  • 樹高:400cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

横に広がり登坂性もあるのでつるバラとして育てるのもよい

バラ園の風景:曇り空の花菜ガーデン

オールドローズのアイシャー系統のつる性バラ