コンデサ デ サスタゴ-Condesa de Sástago は、ハイブリッドティー系統で初のバイカラー品種といわれています。7~8分咲きの花色は、ピンク色と黄色の調和が非常に美しいバラです。 

コンデサデサスタゴはハイブリッドティー系統のバラ

スペインで作出されるのは数少なく貴重な品種

  • 花名は、スペイン語で”サスタゴの伯爵夫人”の意。(サスタゴはスペインのサラゴサ州にある自治体・町です)
  • 直立性の樹形で、真っ直ぐに枝を伸ばし先端に花をつける。
  • バランスのとれた株立ちで、樹形が乱れることは少ない。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

花弁の厚みがあり弁質も優れていて雨などの褪色が少ない

四季咲き性の大輪花

直立性の樹形で横に広がり過ぎず分枝も多いですね

表弁色はローズ色で裏弁色は黄色の花弁色

弁裏の黄色が強く出てコントラストが美しい

スペインで作出された名花

開花が進むとローズ色がピンクに変化していますね。更に秋になるとオレンジレッドに変化します

黒星病に弱い

葉は明るい緑色で分枝がよいので数多く茂る 

  • 品種名:コンデサデサスタゴ Condesa de Sàstago
  • 作出国:スペイン
  • 作出年:1930年
  • 作出者:Pedro (Pere) Dot
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:(Souvenir de Claudius Pernet × Maréchal Foch)×  Margaret  McGredy
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁咲き
  • 花径:大輪(花弁数・41~55枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

四季咲きで秋の花はオレンジレッド色になる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

春の晴れた日の花菜ガーデン

スポンサードリンク