あゆみ-Ayumi は、日本のバラ育苗の名門である京成バラ園芸が会社創立50周年を記念して作出した品種です。黄金のような山吹色の花色をした、ハイブリッドティー系統です。

あゆみはハイブリッドティー系統のバラ

1輪咲きの花弁は13cm程の巨大輪に近いサイズになる

スポンサードリンク
  • 京成バラ園芸が創立50周年を記念して作出したバラ。
  • 直立性の樹形で、樹高は150cm前後です。
  • ティー系の爽やかな芳香があります。
  • 2008年JRC銀賞を受賞。
  • 耐病性は、うどんこ病が発生しやすい。黒星病には普通。
  • うどんこ病対策⇒発見したらすぐ病気の部位を取り除き、対処薬剤を3日間隔で、3~4回繰り返します。もし病気の拡大が治まらない場合は、感染した部位と込み合っている枝葉をを刈りとって、風通しをよくします。早めの発見をして対処すれば発生後でも、治ることが多いです。ポイントは、風通しをよくして、夕方の水やりを控える、カリ肥料を多めに施すなどです。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

爽やかなフルーツ香がある

アレ~ッ剣弁高芯咲きでは?ロゼット咲きのようになっています

山吹色の剣弁高芯咲き

交配親の秀月の影響なのか剣弁が少しくずれ気味ですね

1輪咲きでボリュームのある花弁

経年とともに枝は太くて堅くなっていますね

京成バラ園芸が作出したバラ

黄金色の花弁は上質で雨などによる褪色が少ない 

  • 品種名:あゆみ Ayumi
  • 作出国:日本
  • 作出年:2009年
  • 作出者:京成バラ園芸
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:実生 × Shugetsu
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:強香(フルーツ香)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

葉は葉身が大きく明緑色で主脈がハッキリと浮き出る

バラ園の風景:春の柔らかい日差しの中で

春の花菜ガーデンは薄曇り

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:駄温鉢(だおんばち)⇒縁に釉薬がかけられた植木鉢
  • 全体は赤茶色をしており、鉢の上部の縁だけに、こげ茶色の釉薬がかけられた鉢。
  • 約1000℃という、素焼き鉢より200~300℃上回る高温で焼成されており、比較的硬質です。
  • プラスチック鉢と比べると、通気性や排水性に優れ植物の栽培に適している。(重くて割れやすいのも特徴)
スポンサードリンク