サーモンピンク色のクォーター・ロゼット咲きで、イングリッシュローズには珍しい花色になります。ジュビリーセレブレーション-Jubilee Celbration は、繊細で優雅な花姿と花色で楽しませてくれます。

サーモンピンク色のカップ咲きになります

強い香りのバラを育てたい方にお勧めの品種

  • グラスゴー国際コンクール芳香賞優勝した品種で香りのよさには折り紙つきです。
  • 外側に向かって淡くなっていくサーモンピンク色のカップ咲き。
  • 花枝は細いが頑丈、大輪の花弁をつけるので俯いて咲きます。
  • 交配親のゴールデン セレブレーションから優れた花容を受け継いだバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病には普通です。
  • 黒星病の対策⇒雨水(特に跳ね返り)を介して、菌が葉に付着して感染します。
    黒星病は、雨のかからない場所では、まず発生しないので鉢植えは軒下や屋内で管理するのが理想です。新芽部分に感染しにくいのはワックス効果があるからです。そして病気に対して抵抗力をつけるために、まず肥料切れを防いで、健全な株の育成を行いましょう。

※ バラの手入れや病害虫の対策:詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

鉢植え向きのバラを探している方に是非おすすめ!

大輪咲きの花弁の裏側は淡い黄色になる

整形的ではない房咲き特有の自然な美しさがありますネ

四季咲き性で春から秋まで咲きます

優れた四季咲き性がありながらもコンパクトな樹形になります

シュラブ樹形で整った株立ちになります

発売時より人気の高い品種の一つです

甘さと柑橘系の混じった香りがあります

強健性もありイングリッシュローズのビギナーに是非お勧めしたい!

ジュビリーセレブレーションはシュラブ系統のバラです

シュラブ樹形で直立性の枝は細くて整っている

  • 品種名:ジュビリーセレブレーション Jubilee Celebration
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2002年
  • 作出者:Dabid C.H. Austin
  • 系統:[S] シュラブ (イングリッシュローズ)
  • 交配親:Golden Celebration × 実生 
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き(弁芯がクォター・ロゼットになる)
  • 花径:大輪(花弁数・41+)
  • 香り:強香(フルーティー系柑橘香)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:120cm

撮影:花菜ガーデン 2017年5月

柑橘系の酸味が混じったフルーツ系の芳香がある

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景