インディアンサマー-Indian Summer は、ぎふ国際ローズコンテスト銅賞の他、グラスゴー国際コンクール芳香賞・銅賞を受賞している国際的な評価も高い品種です。綺麗なオレンジ色で、整った剣弁高芯咲きのハイブリッドティー系統です。

耀くようなオレンジ色の剣弁高芯咲きのバラ

花もちは中程度だがシーズン中を通して開花する花数は多い

スポンサードリンク
  • 単輪~数輪の房咲きになり、花つきのよいバラです。
  • 早咲き品種であり、二番花以後も早いサイクルで咲きます。
  • グラスゴー国際コンクール芳香賞の他に多くの賞を受賞しています。
  • 花名は、小春日和という意味です。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。
  • バラの栽培をする時に最も悩みが多いのが、うどんこ病と黒星病の防除です。当品種も月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

半横張り性だがコンパクトにまとまる樹形になる

明るいオレンジ色の花弁はキリッとした花姿ですね

強いフルーツ香があります

葉は濃緑色の照り葉で大振りです

早咲きの品種です

複数の房咲きになります。下の画像では5輪以上の房になっています

数輪の房咲きになって開花します

枝はトゲが多く丈夫で多くの葉を茂らせる

  • 品種名:インディアンサマー Indian Summer
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1991年
  • 作出者:Colin A. Pearce
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:強香(フルーティー系)
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

半直立性の樹形はコンパクトにまとまり鉢植えにも向いている

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:剪定(せんてい)⇒
  • 植物の枝や茎を切り取ることで、樹高や枝の長さやバランスを調整すること。
  • 主枝の頂芽にある生長点を摘み取ることで、側芽の生長を促すこと。
スポンサードリンク