淡桃色で花弁の詰まった、落ち着いた雰囲気のあるバラです。エグランタイン-Eglantyne は、作出者のデビッド・オースチン自身がイングリッシュローズの中でも最も魅力のある品種であると表現した品種です。

カップ咲きからロゼット咲きへ変化します

エグランタインはロゼット咲きで花芯はボタン・アイになる

  • エグランタインは数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 花弁の端が外側に反り返って咲きます。
  • 花名は第一次大戦中に「セーブ・ザ・チルドレン基金」を設立した、イギリス人のエグランタイン・ジェブ女史に因んでいます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回は薬剤散布が必要でしょう。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

鉢栽培ですが樹形が乱れず非常に整っていますね(もちろん丹念な手入れの結果でしょうね)

シュラブ系統の樹形です

小さな枝を多数発生させてほとんど直立します

花芯がボタン・アイになります

桜の花のような穏やかなピンク色ですね。外弁が反り返るようになります

枝は真っ直ぐに伸びる直立性

シュラブ樹形だが真っ直ぐに伸長してコンパクトにまとまる

  • 品種名:エグランタイン Eglantyne (別名は、エグランティーヌ、雅子、マサコ)
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1994年
  • 作出者:David C.H. Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:実生 × Mary Rose
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:カップ咲き~ロゼット咲きへ変わる
  • 花径:大輪(花弁数・41+)
  • 香り:強香(ティーローズ香)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:150cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2017年5月

濃緑色の小さな美しい葉を多数茂らせます

バラ園の風景:春の生田緑地ばら苑にて

春の生田緑地ばら苑の風景