• チャールズ ダーウィン-Charles Darwin は、そのイングリッシュローズの中でも、最も大きなサイズの花を咲かせます。
  • イングリッシュローズとは、系統としてはモダンシュラブローズに属するバラの品種群です。オールドローズの花容をしていますが系統は異なります。
  • オールドローズとモダンローズの特徴を併せ持っているのが、イングリッシュローズの特徴ということになります。

イングリッシュローズの中でも最も大きな花径のバラ

花名は進化論などで有名なイギリスの博物学者の名前に因んでいる

スポンサードリンク
  • シュートの発生は活発で、花つきがよい。
  • 花色はときにベージュがかる。とにかく強健でドンドン枝が増える。
  • 枝は細いが丈夫で、伸びた枝先は花の重さで枝垂れる。
  • トゲは少なく誘引しやすい。オベリスクなどで支えるのがよい。
  • 花後の剪定は、暖地では3分の1に、寒冷地では更に強めに切り込むと樹形が乱れにくい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。10日に1回以上の定期薬剤散布は必要です。

※ 手入れ方法や病害虫対策:詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

弁質が優れていて花形がくずれにくい

四季咲きだが夏以後の花はチョッとだけ小ぶりになりますね。花後の花がらをマメに取り除きましょう

少しくすんだ花色の大輪サイズ

シュートの発生が活発で大株に生長します

深めのカップ咲きから開いていくと花芯が見える程になる

グラハム トーマスなどの鮮やかな黄色ではない渋味のある色合いも魅力的ですね

長い花枝の先に上向きに開花します

細めの枝先につける花は上向きに咲きますが重みで枝垂れるのも美しい・・

シュートの発生が活発で大株に生長します

大輪の花形はくずれにくいカップ咲き

  • 品種名:チャールズダーウィン Charles Darwin
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1991年にDavid Austin が作出
  • 作出者:2001年にDavid Austin Roses Limited が発表
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数41~136枚)
  • 香り:強香(ティー系)
  • 樹形:シュラブ(剪定して自立させる & 小型のつるバラ)
  • 樹高:150cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2017年5月

葉は小さく葉数はあまり多くなく茂った感じはない

バラ園の風景:春の生田緑地ばら苑にて

生田緑地ばら苑の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:テラコッタ
  • テラコッタ(terra cotta)とは、イタリア語で「焼かれた(cotta)・土(terra)」のこと。陶器や建築用の焼き物を総称して呼んでいた。
  • 日本では、「素焼きの鉢」のことを指していて、主に園芸用語として使われています。
  • 釉薬を使っていないので、通気性や排水性に優れ、鉢栽培の植物にとってよい環境が維持できる。
スポンサードリンク