ベルサイユのバラ・シリーズの品種です。中輪サイズ系統には珍しい、フェルゼン公爵-Le Comte Fersen は、ブルー系特有のダマスク・モダンとティーの香りが混じった強い芳香をもったバラです。

フェルゼン公爵はフロリバンダ系統のバラ

フェルゼン公爵は開花とともに弁端に赤みが入る

  • 数輪の房咲きになり、花つきと花もちがよい品種。
  • 花弁の巻きもツボミの時期からシッカリとして、開花までも整った花姿を楽しめます。
  • 2010年ローズヒルズ国際コンクール芳香受賞。
  • 耐寒・耐暑性に優れている。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病には普通ですが、定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の対策:詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

フェルゼン公爵は波状弁高芯咲き

ツボミの時期は濃い紫色で高芯になっていますね

開花が進むと弁端が赤みが増してくる

開花するとラベンダー色の波状弁咲きになります、花弁数は20枚程

3~5輪の房咲きになる

紫系のバラにありがちな耐病性の弱さがない

  • 品種名:フェルゼン公爵 Le Comte Fersen
  • 作出国:フランス
  • 作出年:2009年
  • 作出者:Meilland International
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:(Yves Piaget × Doris Tysterman) × ( Lancom × Shocking Blue)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:波状弁高芯咲き
  • 花径:大輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:強香(ブルー系)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

成株になるとシュートの発生が緩慢になる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景