小さな花だが整ったピンク色のロゼット咲きです。ジェームスミッチェル-James Mitchell は、野生種の強健さを持っているオールド・ローズです。
苗・種・園芸用品の通販|イパネマおやじ

オールド・ローズ系統のバラ ジェームスミッチェル

つる性でアーチやオベリスク仕立てが映えるつる性バラ

  • 数輪の房咲きになり、花つきはよいバラ。
  • 耐寒性に優れている。耐暑性は普通。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。定期的な薬剤散布は必要。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

つる性だが強く刈り込んでコンパクトに仕立てることも出来ます

本来つる性なのですがフロリバンダ系統のような樹形ですね

枝には非常に多くのトゲがあり野性種の趣がある

ツボミの時期はローズピンク色だが開花と共に明るいピンク色になってきました

フロリバンダ系統のような樹形ですね

葉数が多く茂り明るい緑色の照葉です

強健でシュートの発生が多く次々と花をつけます

繊細な枝振りだが2m以上に伸びる

  • 品種名:ジェームスミッチェル James Mitchell
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1861年
  • 作出者:Louis EUGÈNE-Jules Verdier
  • 系統:[Moss] モス
  • 交配親:不明
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:小輪(5cm)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:250cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2016年5月

小輪の花弁で17~25枚の花びら

バラ園の風景:都電荒川線沿線のバラ

都電荒川線沿線のバラ