ピンク色で八重の半剣弁咲きから、やがてロゼット咲きに変わる強健な品種です。ピンクプロスペリティ-Pink Prosperity は、春の花後から秋まで、シーズンを通してサイド・シュートがよく発生します。
葉は濃緑色で艶があり、多く茂ります。強健で耐病性があり、半日陰でもよく育ちます。

開花時は八重咲きで、やがてロゼット咲きに変わりますよ

丈夫な幹は分枝が活発で枝数が多く育ちます

  • 大きな房咲きになり、非常に花つきがよいバラ。
  • 花もちもよく、長い期間にわたり咲き続けます。
  • 春の花つきは特に見事で、株全体を覆いつくすほどに咲き乱れます。
  • 耐病性は、うどんこ病には弱い。黒星病には強い品種です。
  • 近縁種
    白色で同じく八重の半剣弁カップ咲きで開き始めて、後に平咲きになる「プロスペリティ」があります。この種の枝変わりが、ピンクプロスペリティといわれていますが、交配品種だとする説もあります。

※ うどんこ病のの手入れ⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

数え切れないほどの房咲きになるバラ

ホント!数え切れない程たくさんの房咲きですネ これだけ花つきが多い品種も少ないでしょう

系統はハイブリッドムスクだがつる性バラのように伸長する

支柱に沿って伸長する枝は4m以上にもなります

春の日差しに当たって明緑色の葉が美しい

春の日差しで透けるほど肉薄で柔らかい葉です

花つきが非常に良いバラで、株全体を覆いつくすほどですね

春の花後も次々とサイド・シュートを発生させます

天高くグングンを枝を伸ばしますね

春に咲く花は、株全体を覆う程に多くの小中輪を咲かせます

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1931年
  • 作出者:Bentall
  • 系統:[HMsk] ハイブリッドムスク
  • 交配親:Marie-Jeannee × Perle des Jardinsの枝変わり、又は交配品種
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:八重半剣弁カップ咲き
  • 花径:小中輪
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:400cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年6月

秋に返り咲いた花が初冬まで咲くこともあるバラ

バラ園の風景:旧古河庭園にて
旧古河庭園のバラ