ブルー系バラ特有のフレッシュなレモンの香りがります。青紫系バラの名花ブルームーンの後継品種と評されています。トワイスインナブルームーン-Twice in a Blue Moon は、2004年にドイツのハンス・ユルゲン・エバースによって作出されたブルームーンの、後継品種としてドイツの育苗会社Tantau Roses 社によって作出されました。

トワイスインナブルーは剣弁高芯咲きです

ライラック色で透明感のあるバラ

  • 1輪から数輪の房咲きになり、花もちがよい。
  • 強健性で、花つきがよいバラ。
  • 手間いらずで、丈夫に育つ品種です。
  • 枝にトゲが少なく、真っ直ぐに伸びる。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通です。定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をチェックしてください。

スポンサードリンク

華奢な株立ちだがしっかりと自立するトワイスインナブルー

直立性でしっかりと自立していますね

ブルームーンと比較してもバツグンの薄紫色ですね

シミなどの発生が全く無い美しい花弁です!

1輪咲きだがシュートの発生が活発です

繊細な株立ちだが次々とシュートを発生します

トワイスインナブルーはツボミの時期はワインレッドカラーですね

枝にはトゲがほとんどありませんね

バラ トワイスインナブルー

流線型で明るい緑色の葉を多数茂らせるバラですね

直立性の株は真っ直ぐに伸びてトゲが少ないバラ

青紫系バラの名花ブルー・ムーンの後継品種のバラ

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2003年
  • 作出者:Tantau Roses 社
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪
  • 香り:強香(柑橘系レモンの芳香)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2016年5月

生育の様子をみながら肥料を施す必要があります

バラ園の風景:秋の大船植物園・バラ園にて
大船植物園のバラ

スポンサードリンク