• ジ アレンウィック ローズ-The Alnwick Rose の香りは、ほのかにラズベリーの香りがミックスしたオールドローズの香りがします。
  • 花名は、イギリスにあるイングリッシュローズの庭で、見事なディスプレイで知られる「アレンウィックガーデン」を作った公爵夫人に因んで名づけられました。

ジ・アレンウィック・ローズは包み込むようなツボミが開く

桃色とサーモンピンクの中間色のシュラブ系のバラ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • カップのようにふっくらと包み込むように咲く。
  • 濃厚なピンク色のツボミは少しずつディープカップ咲きに変化していきます。
  • シュートの発生が活発で、枝にはトゲが少ない。
  • 秋になると樹形を乱すシュートが出やすいので、株元から切り取るか摘心をして、翌年に花を咲かせる枝にします。
  • ジアレンウィックローズの耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の定期的な薬剤散布が必要です。

※ 病害虫の薬剤散布などの手入れはトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

シュラブ樹形だが枝は比較的まっすぐに伸びます

コンパクトな株立ちで枝は真っ直ぐに伸長します

数輪の房咲きになり花つきがよい

ソフトピンクの花びらは外側になるほど薄くなり透明感が増しますね

見事なイングリッシュローズです

ディープカップ咲きが徐々に開きます

葉色は明るい緑色でピンクの花とのコントラストは見事ですね

ダマスク香にラズベリーの香りがミックスした芳香がある

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2001年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:実生 × Golden Celebration
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ディープカップ咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(ダマスク香+ラズベリーの香り)
  • 樹形:シュラブ(直立タイプ)
  • 樹高:120cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2016年5月

1~3輪が房状に咲くイングリッシュローズの名花

バラ園の風景:珍しいベッド仕立ての棚(手前の板と竹の部分)

バラ園の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:返り咲き(かえりざき)⇒
  • 通常の開花時期外にも花が咲くこと。
  • 春の開花後に剪定をして、秋の開花を促す。
スポンサードリンク