モーニングミスト-Morning Mist は、シュラブ系統の一重咲きです。短めのつる性のバラですが、比較的大きめの花弁になり開花後は少し薄くなってきます。春先になってバラのツボミが上がってくる季節になると、先陣をきって咲き始めます。

モーニングミストはシュラブ系統の一重咲き

早咲きで他の品種に先駆けて咲くバラ

スポンサードリンク
  • 一重の花弁は、銅色を帯びた桃色のツボミをつけるバラ。
  • 開花が始まると、次第に色が薄れてくる品種です。
  • 中輪咲きにしては、大きめの花弁は花もちがよくない。
  • しなやかな枝はトゲが多く、つる状に伸びるので誘引が必要。
  • モーニング・ミストの耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。月間1回以上の薬剤散布をするとより順調な生育が期待できる。

※ 病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

半横張り性の樹形でつるは200cm以上に伸長する

つる状に伸長して200cm以上になっていますね。葉色は明緑色で多く茂ります

大きなトゲのある枝は、しなやかで誘引は簡単です

早咲きの品種で、開花すると少しずつ花色が薄いピンク色になります

一重咲きの花弁の弁芯のシベは大きく広がります

一重咲きのサーモンピンク色のバラ

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1996年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:未発表
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:丸弁一重咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数5枚)
  • 香り:微香(ムスク香)
  • 樹形:シュラブ(自立 または 小型のつるバラ)
  • 樹高:180cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2016年5月

つる状に伸びる枝は、低めのフェンスに誘引すると映える

バラ園の風景:春の相模原北公園

秋の相模原北公園・バラ園にて

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:株分け(かぶわけ)⇒
  • 大きく育った多年草や、樹木の孫生え(ひこばえ)等を、根の付いた状態で分割する栄養繁殖の一種。
  • 新しい根が出始める春先か、秋頃に行うが花期が終った後など、植物により適期が異なるので確認してから行いましょう。
スポンサードリンク