1輪から数輪の房咲きになり、花つきがよいバラです。シュラブ系統の半直立性で自立します。モニークダーブ-Monique Dave は、樹勢が弱くコンパクトな株なので、剪定は控えめにして少しずつ株を大きくするようにします。暑さに弱いので、高温期に下葉が落葉しやすいので注意が必要です。
苗・種・園芸用品の通販|イパネマおやじ

モニークダーヴはシュラブ系統のバラ

薄桃色で中心が少し濃いピンク色になるバラ

  • モニーク・ダーヴは数輪の房咲きになり、花つき花もちがよいバラ。
  • 花弁の端が、反り気味で尖っている。
  • モニーク・ダーヴは樹勢が弱く、ややコンパクトにまとまる樹形のバラ。
  • 強い剪定は避けて、少しずつ大きな株に育てる。
  • モニーク・ダーヴの耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病には弱い。黒星病の定期的な薬剤散布が必要です。

病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

1~5輪の房咲きになり、花つきのよい品種

清潔観のあるピンク色でクスミなどの少ないバラですね

比較的トゲは少ない

花もちがよく、強いミルラ香があります

半つる性だが樹高100cm程で自立する

半直立性でコンパクトな樹形で、鉢栽培にも向いています

花もちはよい品種です

繊細な株立ちでトゲがほどんど無いですね

樹勢が弱くコンパクトな株立ちになる

高温期には下葉が黄変して落葉しやすい

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2009年
  • 作出者:Massard, D., Guillot,
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:未発表
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:大輪
  • 香り:強香(ミルラ香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:100cm

撮影:横浜イングリッシュガーデン 2016年5月

強いミルラ系の芳香があるバラ

バラ園の風景:都電荒川線沿線のバラ
都電荒川線のバラ