夏や冬、乾燥期など、植物が生育するのに適さない厳しい環境のシーズンを種子というシンプルな形で過ごすように進化した植物が一・二年草です。

このページでまとめている、一・二年草は園芸品種としての分類です。海外から入ってきている輸入花の中には、原産地では毎年開花する宿根草なのに、日本では気候・温度の環境の違いで、一・二年草として扱われているものが多くあります。これらは、ここでの分類上は一・二年草にしてあります。

pot-marigold-0166

一年草・二年草とはどんな植物なのか

スポンサードリンク

具体的には、1年間で生命活動が、一巡する草本のことです。地面の下部も含めて植物全体が、発芽してから1年以内に、開花・結実したら枯れる草本植物のことです。

一年草の種類

  • 一年草はタネまきから開花・結実・枯死までの期間が1年以内のものです。宿根草と比べると、花つきがよく生育スピードが速いのが特長です。
  • 春に発芽して、冬までに開花・結実するものを、夏型一年草または春まき一年草と呼びます。
  • 秋に発芽して、冬越しして夏までに開花・結実するものを、冬型一年草または秋まき一年草、または越年草とも呼びます。

栽培のポイント

  • 春まき一年草は、夏から秋に花が咲きます。その多くは短日植物で、日が短くなる秋になると多くの種類が花を咲かせます。
  • 冬から春にかけて園芸店の軒先を色鮮やかな苗で埋めつくす程、広く栽培されているパンジーは秋まき一年草です。盛夏の高温多湿を嫌って、株が弱る前の5~6月頃にタネをつけます。タネの発芽温度は20℃前後なので、9月になったらタネまきをすれば、再び新しいライフサイクルを始めます。タネから育てるのも、ガーデニングの大きな楽しみですが、一・二年草は安価なポット苗が、大量に出回るので初心者の場合は、苗からの栽培がお勧めです。
  • 春まきのタネは、まく時期が早すぎると気温が低すぎて、うまく発芽しません。適期は、ヤエザクラが散る頃~5月の八十八夜の間です。
  • 苗から育てる→早く花を楽しみたい場合は、苗を購入しましょう。タネの秋まき一年草の種類には、8月にまく場合は、涼しく管理しないと、うまく発芽しないことが多いので、気温・温度の下がった9月にタネをまきます。                                                                     
  • プリムラ・マラコイデス、ロベリア、カルセオラリアなどは、本来は多年草ですが夏の暑さで枯れてしまう地域が多いので、一年草として扱われています。

二年草の種類

  • 二年草はタネまきから開花・結実・枯死までの期間が1年以上2年未満のものです。
  • 秋か春に発芽して、1年目の夏は株が生長するだけで花をつけず、2年目に開花・結実し、生存期間が1年以上2年未満の植物。マツムシソウ、シナノナデシコなどがあります。
  • 気候条件によっては、2年目に咲かずに3~4年目に咲くものもあります。植物が、自分の適合できる自然の条件を判断して、翌年以降に開花(結実)を先送りしているようです。(これも不思議な能力ですね)オオマツヨイグサ、ヒメジョオンなどの品種があります。

一・二年草 開花期リスト ( )内は苗の出回っている月

春 3~5月 初夏 5~7月 夏 7~8月
  アゲラタム(3~9) アゲラタム(3~9)
  アスター(3~12) アスター(3~12)
  アレナリア(10~5)  
アンチューサー(2~6) アンチューサー(2~6)  
イベリス(12~4) イソトマ(1~12) イソトマ(1~12)
エリシマム(10~2) エリシマム(10~2)  
  インパチェンス(3~10) インパチェンス(3~10)
カスミソウ(1~12) カスミソウ(1~12)  
  カンパニュラ(8~6) オシロイバナ(4~5)
キンギョソウ(1~12) キンギョソウ(1~12) キンギョソウ(1~12)
キンセンカ(1~12)   ケイトウ(4~10)
    ゴシキトウガラシ(6~9)
  コスモス(3~11) コスモス(3~11)
サイネリア(9~4) ゴデチア(10~5)  
シザンサス(1~4) サンビタリア(4~11) サンビタリア(4~11)
ストック(9~5) ジニア(4~11) ジニア(4~11)
  センニチコウ(4~10) センニチコウ(4~10)
デージー(9~4) デージー(9~4)  
  トルコギキョウ(3~10)  
  トレニア(4~10) トレニア(4~10)
  ニゲラ(1~7・10~11)  
  ニコチアナ(4~9)  
  ニチニチソウ(3~10) ニチニチソウ(3~10)
  ネメシア(9~6) ハゲイトウ(4~10)
ネモフィラ(10~6) ネモフィラ(10~6)  
ハナビシソウ(3~5) ハナワギク(2~4) ハツユキソウ(6~9)
  ヒマワリ(2~8) ヒマワリ(2~8)
  ヒルザキツキミソウ(4~8) フユサンゴ(5~11)
  フロックス(3~5・7~10) ブロワリア(5~11)
  ベゴニア(2~12) ベゴニア(2~12)
  ペニチュア(2~12) ペニチュア(2~12)
    ホウセンカ(3~9)
    マツバボタン(3~9)
ポピー(9~6) ポピー(9~6)  
ヤグルマギク(1~5・8~) マトリカリア(2~5) マトリカリア(2~5)
  マリーゴールド(2~11) マリーゴールド(2~11)
  メランポジウム(3~10) メランポジウム(3~10)
リナリア(10~5) リナリア(10~5) リナリア(10~5)
ルピナス(9~6) ルピナス(9~6)  
  ワスレナグサ(1~4・11)  

一・二年草 開花期リスト ( )内は苗の出回っている月

秋 9~10月 初冬 11月 冬 12~1月
アゲラタム(3~9) アゲラタム(3~9)  
アスター(3~12)    
イソトマ(1~12) イソトマ(1~12)  
インパチェンス(3~10) インパチェンス(3~10)  
オシロイバナ(4~5)    
キンギョソウ(1~12) キンギョソウ(1~12)  
ケイトウ(4~10)    
ゴシキトウガラシ(6~9)    
コスモス(3~11) コスモス(3~11)  
サンビタリア(4~11) サンビタリア(4~11)  
ジニア(4~11)   ストッカー(9~5)
センニチコウ(4~10)    
トレニア(4~10)    
ニチニチソウ(3~10) ニチニチソウ(3~10)  
ハツユキソウ(6~9)    
ヒマワリ(2~8)    
フユサンゴ(5~11) フユサンゴ(5~11) フユサンゴ(5~11)
ブロワリア(5~11) ブロワリア(5~11)  
ベゴニア(2~12) ベゴニア(2~12)  
ペニチュア(2~12) ペニチュア(2~12) ハボタン(9~12)
ホウセンカ(3~9) パンジー・ビオラ(9~4) パンジー・ビオラ(9~4)
マツバボタン(3~9)    
マリーゴールド(2~11) マリーゴールド(2~11)  
メランポジウム(3~10)    

一・二年草&多年草:シリーズ(ページリンク) 一年草|多年草

園芸メモ:一年草を、毎年同じ場所で栽培すると、競合する植物が生えてきます。さらに病気や害虫の被害にあう場合もあります。そこで一年草は、毎年結実しタネは風で飛ばされたり、動物に付着して遠くへ運ばれ、親とは離れた場所で子孫を増やしています。(なんとも不思議な能力ですね)

スポンサードリンク