栄光-Eikoh は、咲き進むと共に徐々に退色していきます。交配親が、20世紀を代表する傑作品種のピース-Peace です。基本カラーの黄色から、開花が進むにしたがって、弁端が少しずつ桃色になり、そして濃いローズ色へと変化します。

栄光はハイブリッドティー系統の大輪種

花色が多彩に変化するバラ

スポンサードリンク
  • 栄光は花つきがよく、早咲きのバラです。
  • 枝は淡い緑色で、葉も黄緑色から緑色。トゲは少なめです。
  • 栄光は枝が充実しにくい、樹形は直立性。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに弱い性質。定期的な薬剤散布が必要です。
  • うどんこ病は、初期段階であれば自然治癒する病気です。重曹などを溶かした水を散布することでカビの繁殖を抑え、自然治癒を促すことができます。特に夏や冬の期間は治癒力が高くなるので見つけ次第駆除していきます。

※ バラの手入れや防除方法⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

栄光は花色が黄色です、開花すると弁端に濃いピンク色に染まります

地色の黄色よりローズ色の方が色濃くなり目立っています

剣弁高芯咲きで13cm以上の巨大輪です

花首が長くトゲが少ないバラ

樹高は140cm余りで花首が長くトゲが少ないです

栄光の樹高は140cm程で直立します

この花弁は黄色よりローズ色の方が多いですね

開花のピーク時は見事な剣弁高芯咲きですね。ホントにピースによく似ています

栄光はバランスのよい美しい花形のバラ

栄光は耐寒性がないので枝が枯れ込みやすくなる

  • 作出国:日本
  • 作出年:1978年
  • 作出者:鈴木省三 氏 
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:(Peace × Charleston) × Kagayaki
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:巨大輪(13cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:140~160cm
  • 撮影:京成バラ園・2014年10月、神代植物公園・2015年5月

色変わりする様子が美しいバラ

バラ園の風景:初春の横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデン 風景

園芸メモ・バラの栽培用語:腋芽(えきが・わきめ)⇒葉の付け根や、幹や茎の途中から出る芽のこと。通常は、枝の先端にある頂芽(ちょうが)が分泌する植物ホルモンのオーキシンにより、生育が抑えられている。摘心(てきしん)により頂芽が切り取られると、勢いよく生長をはじめます。(同義=脇芽・側芽)

スポンサードリンク