ゲーテローズ-Goethe Rose は、ダマスク・クラシックの香りを受け継いだ、情熱的で洗練された香りがあります。濃いローズ色に赤色がのった半剣弁ロゼット咲きの大輪バラです。

ゲーテローズは半剣弁ロゼット咲きです

細くて繊細な枝にはトゲが少ない

スポンサードリンク
  • 若木の時期は花つきが悪く、花もちはあまりよくない。
  • 若木は元気によく伸びて、ベーサルシュートは1mを超えることもあるので、追肥は不要です。
  • ゲーテローズはすんなり伸びる細い枝の先端に、大型の花を一輪つけるバラです。
  • 花弁数の多い豪華な花でダマスク & フルーティーの官能的な甘い香りがある。
  • 2011年バガテル国際コンクールThe prize of the children受賞、2011年リヨン国際コンクール フランスバラ協会名誉会長賞・芳香賞受賞。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。一定の薬剤散布が必要、特に春から秋の生育期には月間3~4回の定期薬剤散布をしましょう。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

シュートの発生が多く若木でも1m以上伸びる

ベーサルシュートの発生が活発です。但し1年目で100cm以上になり伸びすぎる性質です

濃いローズ色の花弁は光沢がありますね

ツルッとした光沢があり初期はカップ咲きのようだが半剣弁のロゼット咲きになります

バラのゲーテローズはシュートの生育が早くて真っ直ぐに伸長する

枝の寿命は短いのでシュート更新する枝を多くしましょう

バラ・ゲーテローズはダマスク系の芳香が強い

ほぼ直立性なので庭の窓辺やオベリスクにも適する

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2004年に、Hans Jürgen Evers が作出
  • 作出者:2009年に、Tantau Roses が発表
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香
  • 樹形:シュラブ(剪定して自立 & 小型のつるバラとして誘引)
  • 樹高:150cm
  • 撮影:京成バラ園・2014年6月 谷津バラ園・2015年5月

シュートが伸びすぎるので寒肥は控えめにして追肥は控える

バラ園の風景:山下公園・バラ園

バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:赤玉土(あかだまつち)⇒

火山灰が粘土化した関東ロームの中間層、赤土を粒状に砕いたもの。粒には大・中・小のサイズがあり、良質なものは硬くて、長期間粒状を保ちます。

弱酸性で、通気性、保水性、保肥性に優れている基本用土です。ほぼ無菌で清潔な用土として挿し木床などに使われることが多い。

スポンサードリンク