キューガーデン-Kew Garden は、イギリスのNIABコンテストで金賞を受賞。小中輪の花が集まって、アジサイのように房の固まりになって咲きます。ソフトアプリコット色のツボミは、開花につれて純白の花色になり雄シベの根元にはレモン色に染まります。

白色の花弁の中心にある雄シベがレモン色になります

オフホワイトの一重咲きで清楚なバラ

スポンサードリンク
  • キュー・ガーデンは開花につれて白色になるバラ。
  • ソフトアプリコット色のツボミは、開くにつれて純白に変化して雄しべの根元には、柔らかなレモン色が混じります。
  • 小さい一重咲きの花が集まって、アジサイのような大きな花の固まりになります。
  • 花後に赤いローズヒップがつきますが、返り咲きさせるなら花柄を摘み取りましょう。花後の剪定は芽の動いていない個所で房を切り落とします。
  • 葉が見えなくなるほど、株全体に花をつけます。
  • イギリスNIABコンテスト金賞受賞。キュー王立植物園の250周年記念に命名されました。
  • 耐病性には、うどんこ病、黒星病ともに強よい性質。

※ バラの手入れや病害虫の防除対策⇒トップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

よく茂り半横張り性の樹形で枝にはトゲが少ない

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2008年に、David Austin が作出
  • 作出者:2009年に、David Austin Roses が発表
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き~返り咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ(横張りタイプ)
  • 樹高:130cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年10月

花後にはローズ・ヒップが付きます

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:夏剪定
  • 秋によい花をさかせるため必須作業。適期は8月上旬~9月です。
  • 新しい芽を切り落とさないよう注意して、枝は切り揃える程度の剪定にして、枯れた花や蕾を摘み取りましょう。
スポンサードリンク