• グレーフィン ディアナ-Gräfin Dianaは、ツボミが開いたばかりの時期は赤紫色の花色ですが、開花が進むと徐々に赤色が強くなっていきます。比較的弁質もよく、雨などによる傷みに強い品種です。
  • ダマスク・モダンの、情熱的で洗練された香りのあるハイブリッドティー系統のバラです。

グレーフィンディアナの花形は半剣弁咲き

グレーフィン ディアナは個性的な花色と香りを備えたバラ

  • 花つきがよく弁質が優れていて花もちもよいバラ。
  • 花色が、ディープレッドパープルからビビッドレッドパープルに変化するバラ。
  • 緑色の花首は、太くて丈夫な品種です。
  • このバラの最大の個性である香りは、フローラルとフルーティの要素がミックスした芳香がある。
  • 2013年のスイスジュネーブ国際コンクールHT部門入賞のバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。月1回程度の薬剤散布をすることで更に順調な生育が期待できます。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

グレーフィンディアナは赤紫色から徐々に赤色が濃くなります

厚みのある花弁は半剣弁咲きになります

グレーフィンディアナの花径は11cm前後の大輪咲き

耐病性に優れていてうどんこ病、黒星病にも強い品種です

ツボミの時期はカップ咲きのような花形ですね

フローラルとフルーティーな香りがミックスした芳香があります

花弁が丈夫で雨などにも傷みにくく花もちがよいバラ

若葉の時期は少し赤味がかっているが徐々に濃緑色へと変わっていきます

赤味のある若葉から少しずつ深緑色に変化します

赤味の差した若葉は少しずつ深緑に変わる

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2012年
  • 作出者:Tim Hermann Kordes
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数65~70枚)
  • 香り:中香(ダマスク香)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

よく日の当たる場所を選び、元肥として腐葉土と有機質肥料を混ぜ合わせて植えつける

バラ園の風景:都電荒川線三ノ輪停留場のバラ園

都電荒川線のバラ