オレンジスプラッシュ-Orange Splash は、丸弁平咲きのフロリバンダ系統で数輪の房咲きになり、花つきのよい品種です。花弁の表面は朱赤色に白色の絞りが入り、裏面は白色の貴重な花色のバラです。

オレンジスプラッシュはフロリバンダ系統のバラ

朱赤色と白色の絞りとのコントラストが映えるバラ

スポンサードリンク
  • 花弁の表は朱赤色で白色の絞りが入り、絞りの出現は安定している。花弁の裏は白色の珍しい品種。
  • オレンジ・スプラッシュは数輪の房咲きになり、花つきと花もちがよいバラ。
  • 花首はやや細く、うつむき加減に咲きます。
  • 樹勢がやや弱く、育てにくいバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月に3~4回の薬剤散布が必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

直立性の樹形はまとまりがよく整った株立ちになる

直立性で樹高が120cm程でコンパクトにまとまった樹形になります

オレンジスプラッシュの白色の絞りは安定しています

オレンジ色と白色のコントラストがくっきりして存在の目立つバラです

花もちがよく褪色の少ない品種

コンパクトな樹形で鉢植えにも適する

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1991年に、Jack  E. Cristensen が作出
  • 作出者:1992年に、Bear Creek Gardens, Inc. が発表
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:相模原北公園 2014年10月

オレンジスプラッシュは花つきと分枝性のよいバラ

バラ園の風景:港の見える丘公園

バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:ヒップ⇒バラの実のこと。元々ロサ・かニーナの実を指したが、今ではバラ属の実すべてを指しています。

スポンサードリンク