エスメラルダ-Esmeralda は、樹勢も強くシュートの発生も活発だが、べと病に弱いので注意が必要です。これぞバラ色!という花色の花弁は光沢があり、濃いローズ色で、目を見張りような色合いです。

エスメラルダは半剣弁高芯咲きのHT系統

花弁の中心から弁端になるほど濃いピンクに染まる

スポンサードリンク
  • ハイブリッド・ティの中でも、最も遅咲きの品種です。
  • エスメラルダは霜に弱く、またたく間に落葉するので防寒対策を施しましょう。
  • 樹勢が強く、生育が旺盛なのでシュートの発生が活発です。
  • 樹形は横張り性で、順調に育てば立派な株に生長するバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病・黒星病ともに普通。月間3~4回の薬剤散布は必要です。

※手入れ方法や病害虫対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

庭植えにすると鮮明な花色が花壇全体を引き立てますよ

濃いローズ色は弁芯と花弁の端がより濃くなります

エスメラルダの花径は約10cm弁芯と弁端がより濃くなります

エスメラルダは優れた花壇用品種として人気がある

    • 作出国:ドイツ
    • 作出年:1973年に、Reimer Kordes が作出
    • 作出者:1980年に、W. Kordes ‘Söhne が発表
    • 系統:[HT] ハイブリッドティー
    • 交配親:実生 × Red Planet
    • 咲き方:四季咲き
    • 花形:丸弁咲き~半剣弁咲き
    • 花径:大輪(10cm・花弁数26~40枚)
    • 香り:微香
    • 樹形:半横張り性
    • 樹高:110cm
    • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月

シュート発生が活発で立派な株に生長する品種

バラ園の風景:港の見える丘公園にて

港の見える丘公園・バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:ブラインド・シュート⇒花が付かない新梢のこと。花付きの悪い品種や、気温に敏感で若い花芽が寒さで枯れ死する場合に発生する。

スポンサードリンク