ウルマー・ミュンスター-Ulmer Munster は、本来作出されたヨーロッパでは半つる性のシュラブ系統だが、300cm以上も伸長するので、つるバラのように仕立てることが多い品種です。

ウルマーミュンスターはシュラブ系統のバラです

つる性だが四季咲きなので春から秋まで楽しめる

  • つるバラのように仕立てる際には、枝が太いので、”ポール”や”オベリスク”などの、台座に巻きつける仕立てには適していません。”フェンス”や”スクリーン”のように張りつけて使う方が適しています。
  • 短く切り詰めて立ち性(ブッシュ・ローズ)としても使えますが、つるバラで扱うのがよいでしょう。
  • ウルマー・ミュンスターは、花つきは少ないが弁質がよく花もちがよいバラ。
  • 咲き方は、四季咲き性に近く、シュートの咲きに数輪ずつ花をつけ晩秋まで咲き続けます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の薬剤散布をしましょう。

※ 手入れ方法や病害虫対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

つるバラの割には10cm以上の大輪サイズの花を咲かせます

花弁の質がよいので雨などによる褪色が少ない

株元からズングリとした太くて堅いシュートを出します

病気に強く耐寒性にも優れています

枝は堅くて太いので巻きつけて誘引するポールやオベリスクよりも真っ直ぐに這わせるフェンスなどが適している

枝は太く曲げて誘引するのは難しい

濃緑色の葉は半光沢で花とのコントラストが美しい

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1982年
  • 作出者:Reimer Kordes
  • 系統:[S] シュラブ 
  • 交配親:Sympathie × 実生
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:丸弁抱え咲き
  • 花径:大輪(花弁数・27~35枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:300cm
  • 撮影:神代植物公園 2015年5月

※ 手入れ方法や病害虫対策⇒詳細はトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ウルマー・ミュンスターは、晩秋まで繰り返し花をつけ楽しませてくれるバラ

バラ園の風景:丘の上の散歩道にて

バラ園の風景