イントゥリーグ-Intrigue は、濃いワインレッド色の中輪サイズのバラです。半剣弁抱え咲きの花弁には強い芳香があります。冷涼期になると紫色が深い色合いになり、高温期には赤みが強くなります。

イントリーグの花形は半剣弁抱え咲きです

濃厚な香りをもつ赤紫色のバラ

  • 数輪の房咲きになり、花数が多い品種です。
  • 深いワインレッドの花色が魅力的なバラです。
  • 花色は、低温期の秋になると深みのある紫色が強くなり、高温期には赤みが強くなります。
  • イントゥリーグは花枝は太くて、枝ぶりが少し粗い。
  • 花の名前の意味は、”はかりごと”です、意味深な名前ですね。
  • 植えつけの適期は、休眠中の10月~3月です。
  • 鉢替えは休眠期以外でも、厳暑・厳寒期を除けば可能だが、根鉢を崩さないように注意して植えつけましょう。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに弱いので、順調な生育のために定期的な薬剤散布が必要です。
  • うどんこ病の防除:うどんこ病は、バラ以外にも、あらゆる植物に寄生します。植物にカビの菌が住みついて葉っぱが白くなる病気です。5~6月、9~10月頃に発生しやすく、ほとんどの植物が発症する可能性があります。カビが繁殖して白くなった部分は光合成を上手く行えないので、放置しておくと葉が枯れ、繁殖した菌が他の植物へ移り被害が悪化します。
  • 黒星病の防除:黒星病が多発するのは5月頃から梅雨期にかけて、一雨ごとに下葉から上に向かって広がります。雨水によって伝染するので、降雨前の薬剤散布が効果的です。株元への敷きワラなどのマルチングをして、雨水のはね上がりを防ぎましょう。落葉した葉は、放置しないで手早く除去します。

    スポンサードリンク

イントリーグは数輪の房咲きになる

気温が低いと紫色が濃くなります

イントゥリーグは葉や枝に赤みが入る

3輪前後の房咲きが多いですね

イントゥリーグはフロリバンダ系統のバラ

花径は約8cmくらいで花弁数は20枚前後です

7cm程の花弁には17~25枚の花弁数

枝が太くて粗いので樹形は無骨なイメージですね

樹形は直立性で高さは100cmのコンパクトです

生育は旺盛で丈夫なので育て易い品種です

イントゥリーグは3~5輪の房咲きになる

ダマスク系の濃厚な甘い香りのするバラ

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1984年
  • 作出者:Warriner  A. Warriner
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:White  Masterpiece × Heirloom
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁抱え咲き
  • 花径:中輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:強香(スパイシー系のダマスク香)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:谷津バラ園・2014年10月 神代植物公園・2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

イントゥリーグはコンパクトにまとまるので鉢植えで育てることもできる

バラ園の風景:秋の横浜イングリッシュガーデンにて

京成バラ園の風景

スポンサードリンク