イザヨイバラ(ロサ・ロクスブルギー・ロクスブルギー)-Rosa roxburghii f. roxburghii は、原産は中国の西部から中部にかけて栽培されているバラで、日本の気候と近いためか相性がよく、非常に強健な品種です。

非常に強健で耐病性に優れているバラ

花姿が十六夜(いざよい)の月に似ているバラ

  • 花名の由来は、ロゼット咲きになる花弁の一部が欠けたように咲く十六夜の月のようだから。
  • 花形が十六夜の月に似ていることから、イザヨイバラと名付けられたといわれます。
  • 若木のうちから開花する。春の開花後も返り咲きます。
  • イザヨイバラは成株になると、枝の樹皮がはがれ細かいトゲが多いバラ。
  • 花弁数は100枚を越え、小さめの葉は9~11枚をつける。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに非常に強い。

    スポンサードリンク

イザヨイバラは野生種

病害虫の被害がほとんど無い丈夫な品種です

イザヨイバラはスピーシーズ(原種)です

春以降も返り咲きます

中国西部から東南アジアが原産

枝や花茎に多くのトゲがあります

ロゼット咲きの花弁数は100枚以上にもなる

桃色でロゼット咲きのイザヨイバラ

  • 作出国:(原産地)中国から東南アジア
  • 作出年:原種のため不明
  • 作出者:原種のため不明
  • 系統:[Sp] スピーシーズ(野生種)
  • 交配親:不明
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数・100枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:半つる性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

イザヨイバラは生育が旺盛で強健なバラ

バラ園の風景:

ハーブ園の風景