イングリッシュ ヘリテージ-English Heritage は、 イングリッシュローズの魅力の一つ、素晴らしい芳香があります。フルーツ香は一定のものではなく、実に多彩は芳香が交じり合っています。アプリコットやリンゴ、更にピーチなど様々な香りが混在して楽しませてくれるバラです。

枝は細くて節間が長い

ピンク色の花びらがお行儀よく並んだカップ咲き

  • 花つきがとてもよく、数輪の房咲きになります。ただし、花もちはあまりよくないバラ。
  • 強いフルーツ系の芳香は、ミルラ香にフルーツとハチミツのような香りを持つバラ。
  • 秋は開花までの日数が長く掛かるので、夏の剪定を早めに行いましょう。
  • 枝変わり品種に、白色のローズ マリー(Rose Marie)があります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。順調な生育のために月間3~4回の薬剤散布は必要。

※ 手入れ方法と病害虫の防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

ほぼ完全な四季咲き性、夏剪定の時期を早めて秋の開花に備えましょう

完全な四季咲き性なので夏剪定を早めにする

淡いピンク色でフルーツ香が漂ってきます

シュラブ系統のイングリッシュローズ

2~3輪の房咲きになり多くの花をつけます

数輪の房咲きになる

カップ咲きのシンプルな花形からロゼット気味に開花します

イングリッシュ・ヘリテージ バラ

花つきはとてもよいが残念ながら花もちはよくないですね

半つる性としてアーチなどに誘引もできる

花がらを摘まないままでおくと良質のローズヒップが実る

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1984年
  • 作出者:David  C.H.  Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:実生 × (Iceberg × Wife of Bath)
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中輪(花弁数・26~40枚)
  • 香り:強香(フルーツ香)
  • 樹形:シュラブ
  • 樹高:140cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年6月

イングリッシュ・ヘリテイジはフルーツ系の芳香があるバラ

バラ園の風景:春のバラ園

京成バラ園の風景

「バラの豆知識」 日常の管理・夏の追肥

  • 四季咲き性品種や若い苗に施します。適期:8月下旬~9月上旬です。
  • 秋の開花に備えて、四季咲き性の品種や若い苗に施します。お礼肥と同様に施します。株元に固形の発酵油かす150~250gです。
  • 夏の剪定の半月くらい前に施しておくと剪定後の芽吹きが順調になります。樹勢に応じて分量を調整しますが、”普通の樹勢”、”やや樹勢が弱い”のは、少し多めに与えましょう。
  • 枝の黒変や落葉など、夏の暑さで弱っている株には秋の回復を待ってから、液体肥料を施してから回復を待ちながら固体肥料に切り替えましょう。
スポンサードリンク