アン ブリン-Anne Boleyn は、サーモンピンク色でクォーターに近いロゼット咲きになります。花つきがよくスプレー状になって、多くの花をつけます。

シュラブ樹形の横張り性

ウォームピンク色のロゼット咲き

  • 別名は「アンヌ  ボレイン(Anne Boleyn)」国内ではこの名前で流通している。スペルは同じで読み方が異なる。
  • アン ブリンは、10数輪をつけてスプレー咲きになるバラ。
  • 特徴は、花もちはよくないが連続して開花する、完全な返り咲き性を持っていることです。
  • 葉はソフトグリーンで、花色との対比が鮮やかに映えます。
  • 細い枝先で、うつむきかげんに咲きます。
  • 強健で、日照時間が3時間程度でも元気に育ち、半日陰でも良い花を咲かせます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。月1回程度の薬剤散布をして、病害予防の管理を怠らないようにしましょう。

    スポンサードリンク

アン ブリンはロゼット咲きになります

花弁数は100枚以上になる

花数が多くスプレー咲きになる

小型樹形でコンパクトに育つ

弓なりの枝が伸びて低めにまとまるので鉢植えに適する

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1990年に、David  C.H. Austinが作出
  • 作出者:1999年に、David Austin Roses Limited が発表
  • 系統:[S] シュラブ( イングリッシュ・ローズ)
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数・41+)
  • 香り:中香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:80cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年11月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アン ブリンは少しうなだれ気味に咲く

バラ園の風景:京成バラ園
京成バラ園 風景