アルテシモ-Altissimo は、数輪の房咲きになり花つきは中程度です。花もちは少々悪いが完全な四季咲きです。育てやすさは、評価できますが、枝が太くて堅く、トゲが多いので誘引には手間がかかります。、

バラ アルティッシモ

ベルベットのような光沢がある緋赤色のつるバラ

スポンサードリンク
  • 2~3輪の房咲きになり、花つきもよい大輪咲きのつるバラ。
  • 花茎もしっかりして強健な大輪咲きのつるバラ。
  • 早咲き品種で、弁質が厚く長期間開花するが花つきが少ないのが残前なつるバラ。
  • 丸弁一重咲きで花弁数は5~8枚。雄しべの黄色い葯が赤色の花弁に映える。
  • シュートは多く発生する。枝はトゲが多く太くて堅いが、剪定で枝の長さをコントロールすればフェンスやオベリスクに適する。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の病害虫対策の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アルテシモは赤色の大輪咲きつるバラです

オーソドックスな赤色のつるバラ・・という印象ですね。育てやすさで人気のある品種です

アルテシモは四季咲き性のつるバラ

早咲き品種。結実しやすいので小まめに花がらを切ります

アルテシモは樹高が250cmにも伸長する

枝が堅くて太いので誘引がむつかしい

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1966年
  • 作出者:G. Delbard
  • 系統:[LCl] ラージ・フラワード・クライマー
  • 交配親:Ténor × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁一重咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 伸長:250cm
  • 撮影:神代植物公園 2015年5月

アルテシモは大輪咲きのクライミングローズ

バラ園の風景:横浜・アメリカ山公園

横浜・アメリカ山公園・バラ園

園芸メモ・バラの栽培用語:肥料焼け(ひりょうやけ・こえやけ)⇒肥料の施しすぎ、または濃度が高すぎて植物に悪影響を及ぼすこと。濃すぎる肥料は、浸透圧で根の水分を奪うので、根を傷めたり枯れる原因となる。施しすぎには要注意です。(同義=肥料障害、肥料負け、肥やけ)

スポンサードリンク