アリンカ-Alinka は、赤色の花弁の弁底が黄色くなるバイカラーの花色です。

アリンカは半剣弁高芯咲き

赤色の弁底が黄色くなる鮮やかな花色

  • 1輪または数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 花径はハイブリッド・ティ種の中では、やや小ぶりなサイズのバラ。
  • 赤色の花弁の底に、明るい黄色が入るハイブリッドティ系統のバラ。
  • 樹形は直立性で、よく分枝してまとまりがよいバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。月間1回程度の薬剤散布をすれば、病害の発生は少ない。

スポンサードリンク

今日のバラ

アリンカは半剣弁カップ咲きの大輪サイズ

ハイブリッドティー系統としては少し小振りな花径ですね

アリンカは四季咲き性のバラです

花弁が厚く良質で、雨などによる傷みが少ないです

アリンカは赤色花弁で弁底が黄色くなるバイカラーの花色

HT種だが数輪の房咲きになり花つきがよい

アリンカの花径は10cm程になる

直立性でまとまりのよい株立ちになる。鉢栽培にも適しています

アリンカは花つきがよく1輪もしくは数輪の房咲きになる

コンパクトな樹形で鉢栽培にも適する

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1985年
  • 作出者:Reimer Kordes
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:未発表
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁カップ咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数・17~25枚 )
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:谷津バラ園 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アリンカは花弁が厚く丈夫なので、雨などで傷みにくい

バラ園の風景:都電荒川線のバラ

都電荒川線のバラ

スポンサードリンク