アナシュカ-Anuschka は、中輪サイズのフロリバンダ系統のバラです。弁端がフリルのような、波状半八重咲きの花形が個性的です。

アナシュカはフロリバンダ系統のバラ

弁端が波打つようにウェーブがかかる

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • 満開になると、株全体を朱色に染めて咲きます。
  • 四季咲き性が強く、シーズンを通して秋まで咲き続けるバラ。
  • 多花性のフロリバンダ種の冬剪定は、やや浅く樹高の1/3を目安に摘み取ります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は実施しましょう。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アナシュカは花径約8cmの中輪サイズ

アナシュカは数輪の房咲きになり、花つきはよい。

アナシュカは樹高90cmのコンパクトな樹形

強健種でシーズンを通して咲き続ける

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1977年
  • 作出者:Mathias  Tantau,  Jr.
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:波状弁半八重咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:谷津バラ園 2014年10月

3~4輪の房咲きになり花つきがよいバラ

バラ園の風景:春の京成バラ園

京成バラ園の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:不織布(ふしょくふ)⇒
  • 繊維を織らずに絡み合わせたシート状のもの。布を薄く仕上げることが出きる。
  • 植物の遮光、虫除け、防寒などに使用される。
スポンサードリンク