紫の園-Murasaki no Sono は、紫の園は大房で咲き、株を覆うほどの花つきがよいバラです。フロリバンダ系統「たそがれ」の改良種で、交配親より青みのあるラベンダー色の半八重咲きの中輪花です。

紫の園は半八重咲き

青みのあるラヴェンダー色で透明感のあるバラ

  • 1985年国際ばら新品種コンクール銅賞受賞したバラ。
  • 紫の園は花もちは少し悪いが、初心者にも栽培しやすい品種です。
  • 弁端がやや波打ち、気品あふれる花です。
  • 茶花として好まれる花です。利休が紫の園をみたならば必ず一枝挿したであろうバラですね。
  • シュートの発生は少ないが、古枝によく開花して年を経るごとに立派な株に生長します。
  • 耐病性は、うどんこ病に弱い。黒星病には普通。黒星病の防除にも月間3~4回の薬剤散布が必要です。
  • うどんこ病の防除⇒うどんこ病の菌にはいくつか種類があり、同じ殺虫剤では効かないことがあるので注意してください。発見したらすぐ病気の部位を取り除き、対処薬剤を3日間隔で、3~4回繰り返します。
  • もし病気の拡大が治まらない場合は、感染した部位と込み合っている枝葉をを刈りとって、風通しをよくします。早めの発見をして対処すれば発生後でも、治ることが多いです。
  • ポイントは、風通しをよくして、夕方の水やりを控える、カリ肥料を多めに施すことも大切です。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

紫の園はフロリバンダ系統

紫の園は半横張り性で樹高は約100cmです

半横張り性の大株に生長します

紫の園は青み強いラベンダー色の花を咲かせます

弁端が波打ち半八重咲きになります

紫の園は四季咲き性

交配親の「たそがれ」より青みの強いラベンダー色になります

紫の園は数輪の房咲きになり花つきがよい

紫の園は生育旺盛で大株に生長する

  • 作出国:日本
  • 作出年:1980年
  • 作出者:小林森治 氏
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:たそがれ × {たそがれ × Sterling Silver × (Gletscher × Sterling Silver)}
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半八重咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数・9~16枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

紫の園は古枝にもよく開花して、年ごとに立派な株に育ちます

バラ園の風景:

京成バラ園の風景