優花(ゆうか)-Yuka は、淡い桃色を帯びた半剣弁高芯咲きのフロリバンダ系統のバラです。

優花はフロリバンダ系統の中輪バラ

優花は株いっぱいの房咲きになるバラ

  • 5~10輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 花弁がやや繊細で傷みやすいので、早めに切り取り切り花にするとよい。
  • シュートの発生が活発だが樹勢は普通。
  • 株が大きくなり過ぎずコンパクトにまとまるので、鉢栽培にも適しているバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布をしましょう。
  • 薬剤散布について⇒病害虫の発生は、初期の段階で対処するほど効果的です。
  • 散布を行う場合、必ずマスク、ゴーグルを着用してから風向きを確認してから散布します。散布する量が過剰にならないように注意しましょう。そして、持続力と高めるために、希釈をする際に展着剤も併用すると、より効果があります。
  • 9月のバラ手入れ作業
  • 涼しくなると病害虫も復活して活動をはじめます。9月の主な病害虫:黒星病、うどんこ病、チュウレンジハバチ、コガネムシ、アブラムシ、カミキリムシの幼虫(テッポウムシ)
  • カミキリムシ(テッポウムシ)の防除⇒バラ以外の植物も食害し、柑橘類、サクラ、ツツジ、モミジの株内に侵入して食害します。6月~8月頃に株元に産卵して、約2年間で成虫になります。被害は産卵した卵が株内でふ化してた幼虫が、枝や根の内部を食べ荒らします。外部からは発見できないので、早めの防除ができず手遅れになることが多くなります。では、どうして早期に発見するかがポイントです。
  • 日常の管理→地表付近に木屑を発見したら、カミキリムシの幼虫が株内に侵入しているサインです。木屑の出ている個所にある、穴にスミチオン乳剤、カルホス乳剤を注入します。(50~100倍に希釈する)ゴムチューブを付けた油さし等で注入します。成虫の場合は、葉や幹にスミチオン乳剤、カルホス乳剤を800~1000倍に薄めた液を噴霧します。一番効果があるのは、日々チェックして見つけ次第捕殺することです。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

優花は花つきはよいが、浜もちはあまりよくない

シュートの発生が活発でコンパクトな樹形で鉢栽培に適する

花弁が繊細で痛みやすいので早めに切り花にするとより

コンパクトな株になるので鉢栽培にも適する

  • 作出国:日本
  • 作出年:2004年
  • 作出者:武内俊介 氏 (京成バラ園芸)
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Sonia × Faberge
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数・17~45枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

優花は濃緑色の照り葉が美しい

バラ園の風景:

京成バラ園の風景

スポンサードリンク