夕霧(ゆうぎり)-Yugiri は、白地の花弁に桃色の覆輪が入ります。花径が13cmにもなる巨大輪サイズの品種です。

夕霧はハイブリッドティー系統のバラです

白色に薄桃色の覆輪が入るバラ

スポンサードリンク
  • 1輪咲きで、花つき花もちがよい。
  • 開花するにしたがって覆輪のピンク色が濃くなる。
  • 生育は旺盛で育てやすいバラ。
  • 枝はトゲが多く、花茎が長いバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布をしておきましょう。
  • バラの病気に同じ薬剤を使用し続けていると効きにくくなる場合があります(薬剤耐性菌の出現)。回避するためには、種類(作用性)の異なる殺菌剤のローテーション散布が必要です。
  • それでも病原菌が好む状況は防ぎきれませんので、適期に予防をします。予防薬は、銅剤や硫黄剤、塩素系などの耐性のつきにくいものを4~5種類をローテーションで使うのがおすすめです。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

夕霧の花径は13cmにも及ぶ大輪花です

枝と葉の縁が赤味を帯びる

弁芯のシベの黄色が映えて美しい

夕霧は半剣弁高芯咲きの大輪サイズ

夕霧は横張り性の樹形

夕霧は葉が細長く照り葉が美しいバラ

  • 作出国:日本
  • 作出年:1987年
  • 作出者:鈴木省三 氏 (京成バラ園芸)
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Pristine × Seika
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(13cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:150cm
  • 撮影:神代植物公園 2015年5月

夕霧は生育旺盛で育てやすいバラ

バラ園の風景:初夏の神代植物公園

神代植物公園の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:ボカシ肥(ほかしひ)⇒
  • 有機質に、土やもみ殻くん炭などの改良用土を混ぜ合わせ、発酵させて作った肥料。
  • 用土を混ぜて発酵させることで、穏やかな肥料効果があり、複数の肥料を混ぜることで効果をぼかして使うことから、ボカシ肥と呼ばれる。
  • 原料は油かす、魚粉、鶏ふん、骨粉、もみ殻くん炭、米ぬか、オカラ、カニ殻など。
  • その他に、微生物がつくるビタミンやアミノ酸も豊富に含まれていて、植物の健康維持に効果がある。
スポンサードリンク