ロココ-Rokoko は、耐寒・対暑性と病気にも強いので育てやすい品種です。弁質が優れているので、雨などによる傷みがなく花もちがよいバラです。

ロココはシュラブ系統です

ロココは淡い杏色で波状弁の花弁を持つ優雅な雰囲気のバラ

  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。
  • 発生するシュートは太いので、誘引に手間がかかるバラ。
  • 太めのシュートは、30cmくらい伸びた時点でピンチをして、多くの分枝を促します。
  • 日常の手入れで大切なピンチ(摘心)の管理とは⇒株数を増やし、株を早く生長させて大きくするには欠かせない作業です。株を大きく育てることで、病気にも強くなります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。樹勢は強いが耐病性は普通なので、月間3~4回の薬剤散布をしましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

ロココはゆるいカップ咲きのバラ

枝の伸長は300cm以上にもなります

花色が澄んだ杏色で弁端が波打つようになります

ロココは直立性の樹形で真っ直ぐに伸長します

数輪の房咲きになり花つきがよい品種です

ロココは樹勢が強く伸長力がある

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1987年に、Hans Jürgen Evers が作出
  • 作出者:1987年に、Rosen-Tantau が発表
  • 系統:[S] シュラブ(つる性、ランブラー)
  • ※ヨーロッパではシュラブ系統だが日本の気候ではよく伸長するのでつる性として栽培されている
  • 交配親:White Hedge × ハイブリッドティー 
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:波状弁咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数・9~16枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:350cm
  • 撮影:神代植物公園 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

返り咲きをする品種で、春以後も二番花は咲くが、それ以後の花数は少なくなる

バラ園の風景:

京成バラ園の風景