ローラ-Laura は、花弁の表が朱色で裏面が薄い黄色になるバイカラーの個性的な花色をしています。時間を掛けて、ゆったりと大輪の花を開かせるバラです。

ローラは半剣弁高芯咲きの花形

朱橙色の花色にキリッと整った花形が美しい

  • 1輪~数輪の房咲きになり、花つき花もちがより。
  • 耐寒・耐暑性に優れている強健種。
  • 花名はコロンビア大使婦人の名にちなむ(別名Laura’81)
  • 枝変わりに表弁の色が濃くなるHT種の「あかつき」という品種がある。
  • 耐病性は、うこんこ病には普通。黒星病には弱い。うどんこ病対策としても、月間3回以上の薬剤散布をしておけば、病害の発生は少ない。
  • 黒星病の防除⇒黒星病は、新しい葉には感染しません。理由は新しい葉は水をはじき付着することが無いからです。黒星病は葉面が濡れていないと感染しないので、春の終わりや秋季の18~25℃位になる少し前に、枝葉の混みあっている部分の枝を刈り取って、風通しをよくしておくと、風が通り葉が乾燥して予防効果が高くなります。
  • 試しに、雨後にバラの枝を軽く揺さぶって水を払い落とすだけでも、かなりの効果があります。この時期は予防薬と治療薬を、月間で交互に実施します。
    見つけたらすぐに病気の葉を取り除き、落葉している葉も一緒に処分します。そして薬剤散布を3日間隔で、3~4回繰り返します。
  • それでも治まらずに全ての葉が落ちてしまったら、枯れた葉や細い枝を切り取り、軽く切り戻しましょう。(地面に落ちた病気の葉は放置せずに処分する)そして、カリ肥料を多めに施して予防しましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ローラはハイブリッドティー系統のバラ

枝変わりに花色が濃くなるHT種の「あかつき」という品種があります

数輪の房咲きになり花つきがよい

半横張り性の樹形だがコンパクトにまとまり鉢栽培にも向いている

ローラは四季咲き性で秋まで花を咲かせます

樹形は半横張り性で高さは130cm程になる

花つき花もちがよいので長く楽しめる花

  • 品種名:ローラ Laura  別名:ローラ’81 (Laura’81)
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1981年
  • 作出者:Marie-Louise (Louisette) Melland
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:(Pharaoh × Konigin der Rosen) × ((Suspense × Suspense) × King’s Ransom)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(13cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑・2014年6月、神代植物公園・2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

強く太いシュートを発生させて大株に生長する

バラ園の風景:

新宿御苑 風景

スポンサードリンク