ルンバ-Rumba は、半剣弁カップ咲きの中輪サイズで、八重の花弁がチャールストンによく似た変化をします。

ルンバはフロリバンダ系統

赤色や黄色へとめまぐるしく変化する

  • 数輪の房咲きで、花つきがよく半剣弁カップ咲きになるバラ。
  • 咲き始めは黄色い八重の花弁は、開花につれて徐々に赤色に変わります。
  • 枝を多く伸ばして、枝先に多くの花をつけるフロリバンダ系統のバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。10日に1度以上の間隔で、継続した薬剤散布は必要です。
  • 薬剤散布について⇒健全に生育しているバラは、耐性も強く回復力も高いといえます。病害虫対策を考えるとき、つい薬剤に頼ってしまいますが、まずはそのバラが弱ってきた原因を同時に考える必要があります。園芸品種のバラは原種に比べて耐病性、耐害虫性が弱いといえます。最近では栽培の面で工夫をする、オーガニック栽培を取り入れる例が増えています。
  • ブッシュ樹形のバラは、春の花後も剪定を繰り返して育てます。高さを調整できるのがよい点です。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ルンバの樹形は半横張り性です

ルンバの花径は約7cmの中輪サイズです

ルンバは数輪の房咲きになります

ルンバは樹高が70cmのコンパクトな株立ちになります

クリーム色の花弁にオレンジ色の覆輪が入る

ルンバの葉は大きめで濃緑色、株立ちがよい

  • 作出国:デンマーク
  • 作出年:1958年
  • 作出者:Svend Poulsen
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Masquerade × (Poulsen’s Bedder × Floradora)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁カップ咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数・41+)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:70cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑・2014年6月、2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

八重の花弁が赤、黄色、オレンジ色と交じり合い変化する

バラ園の風景:

横浜イングリッシュガーデンの風景

スポンサードリンク