レオニダス-Leonidas は、丸弁の高芯咲きで花径は11cm前後の大輪サイズです。Meilland 家が作出したHT種で、通好みの花色というべきか。

レオニダスの金型は丸弁で高芯咲きです

濃いチョコレートのような茶色のバラ

  • 花つきがよく、花もちもよい品種。
  • レオニダスの花色は、高温期になるとともに朱色に変化する。
  • 寒冷期の花色は、チョコレート色でシックな雰囲気のバラです。
  • 耐寒性がなく、寒冷地だと冬には枯死することもあります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに弱いので10日に1回以上の定期的な薬剤散布が必要です。
  • うどんこ病の防除⇒ツボミや葉、新芽の一部がうどん粉のような白い粉が着いているのがあったらうどん粉病です。白い粉のようなものは、カビの一種です。
  • ツボミや新芽は萎縮してしまいますが黒星病のように落葉することはありません。しかし、株の生育が著しく衰えるので放置はしないで、発症した部位を取り除き早めの対処をしましょう。
  • 黒星病の防除⇒春の終わりや、秋季の18~25℃位が発病、進行する温度です。
  • 品種により葉の厚さにより異なりますが、この温度の状態で葉が数時間ほど水で濡れていると感染しやすくなります。バラの芽出しの少し手前の時期、芽がプッとふくらんだタイミングで消毒をするのが効果的です。薬剤の内容は、月間4回行うとしたら、3回は予防薬で1回が治療薬の割合です。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

レオニダスはハイブリッドティー系統

葉は大きくて明緑色で光沢のある照り葉です

大輪サイズの弁芯には長く伸びるシベが黄色で目だっている

ほぼ直立性の樹形でまとまりがよい

レオニダスは弁端が軽く波打ちます

レオニダスは枝が太くて丈夫な株立ちになります

枝は太いがまとまりのよい株立ちになる

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1995年
  • 作出者:Alain Meilland
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Hello × Peace
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁高芯咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数・23~30枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年10月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

寒肥以外の肥料は施し過ぎないことが栽培のポイント

バラ園の風景:

バラ園の風景