レオナルド ダ ビンチ-Leonard da Vinci は、3~4輪の房咲きになり深めのカップ咲きになります。本来は、作出されたヨーロッパなどではブッシュ樹形のフロリバンダ系統だが、日本では気候の関係で枝が伸長して、直立性のシュラブ樹形になります。

レオナルド ダ ビンチはつる樹形で3m程伸長する

濃いピンク色の花が株全体を覆うように咲く

  • フロリバンダ系統の中では大ぶりの花を咲かせるバラ。
  • 弁質がしっかりしているので花もちがよく、雨による傷みも少ないバラ。
  • レオナルド・ダ・ビンチの花名は、ルネッサンス時代の天才芸術家”レオナル・ド・ビンチ”にちなんで名付けられている。
  • 1993年イタリア・モンツァ国際コンクール金賞受賞。
  • 枝変わりに、淡桃色に桃色のストライプが入る「アントニオ・ガウディ」があります。(性質や特徴はほぼ同じ)
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。基本的には月間3~4回以上の薬剤散布をしましょう。
  • 病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が促進されます。

    スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

深めのカップ咲きからクォーター・ロゼット咲きへ変化する

春の花後もよく返り咲きして秋にも咲きます

レオナルド ダ ビンチは病気に強く育てやすいバラ

弁質が優れていて雨などによる傷みが少ない

フランスのMeilland 作出のバラ

レオナルド ダ ビンチはドイツのバラ国際コンクールADR受賞

耐病性があり育てやすいので初心者にお奨め

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1993年
  • 作出者:Alain Meilland
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Sommerwind × (Milrose × Rosamunde)
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:カップト咲き~クォーター・ロゼット咲きへ変化する
  • 花径:中輪(7cm・花弁数・41枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性 
  • 伸長:300cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑・2014年6月 神代植物公園・2014年5月、2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

鉢植えで育てたりアーチに誘引してつる状に伸長させることも可能

バラ園の風景:

生田緑地ばら苑 風景