ルージュ ピエール ドゥ ロンサール-Rouge Pierre de Ronsard は、大きく育て、壁を登らせたり、フェンスやアーチを作るのに適したつるバラです。

ルージュピエールドゥロンサールはシュラブ樹形の直立性タイプ

クリムゾンレッド色の大輪ロゼット咲き

スポンサードリンク
  • 房咲きになり1~5輪の花がつきます。
  • 濃厚なダマスクの香りが楽しめるつるバラ。
  • 別名は「レッド・エデン」、「エリック・タバリー」です。
  • 花形がオールドローズと間違えそうな、ロゼット咲きのバラです。
  • 多肥や雨で花が開かないことがあるので、株を充実させ枝数を増やして、樹勢を分散させて花弁数を減らすと開くようになる。
  • 生育は穏やかで、成株はベーサル・シュートが出なくなるので古株を大切に育てます。冬に切り詰めても開花します。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病には普通。黒星病の定期的な薬剤散布は必要です。(月間3回以上を定期的に行う)

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

クリムゾンレッド色の大輪咲きつるバラ

枝の伸長は200cm以上になります

花は枝の先端に咲くので放射状に誘引する

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2002年
  • 作出者:Alain Meilland
  • 系統:[LCl] ラージ・フラワード・クライマー
  • 交配親:Cappa Magna の実生 × Ulmer Munster
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数41+)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:シュラブ(直立タイプ)
  • 樹高:200cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年6月

四季咲き性のつるバラで多くの花をつける

バラ園の風景:横浜・アメリカ山公園

横浜のアメリカ山公園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:返り咲き(かえりさき)⇒春の花が咲いた後に、夏から秋までの間に、もう一度開花すること。

スポンサードリンク