ラブリーメイアン-Lovely Meilland は、5~7cm位のソフトピンクの愛くるしい花が、数えきれないほど房咲きになるバラです。少し遅咲きで、耐寒・耐暑性に優れている強健な品種。

ラブリーメイアンはh四季咲き性のバラ

淡桃色の浅いカップ咲きのバラ

  • 多くの房咲きになり、とても花つきがよい。
  • 開花すると外弁が少し反り返るように開くバラ。
  • 初夏の一番花はチョッと遅咲きですがゆっくりと楽しめます。
  • フランスの育苗家メイアンの代表的な作出バラで、殿堂入りをした名花””ボニカ82”を改良した修景バラです。
  • 四季咲き性に優れていて、晩秋まで咲き続ける。
  • 冬に切り詰めても開花する。シュラブながらフロリバンダのように扱うのがよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が促進されます。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ラブリーメイアンは開花すると外弁が反り返ります

ツボミが開くと徐々に外弁が反り返るようになります

ラブリーメイアンは半剣弁平咲きです

ラブリーメイアンは耐寒・対暑性に優れている

房咲きになり長い間咲き続ける

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2000年以前に、Alain Meilland が作出
  • 作出者:2001年に、Meilland International が発表
  • 系統:[S]  シュラブ
  • 交配親:(Paul Crampel × Lady Gay )× Frau Karl Druschki
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:平咲き
  • 花径:小中輪(5cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ樹形(横張りタイプ)
  • 樹高:100cm
  • 撮影:相模原北公園 2014年10月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

バラ殿堂入りのボニカ’82を改良した品種

バラ園の風景:

春の生田緑地ばら苑の風景