フェンネル-fennel は、地中海沿岸の古代ローマでも栽培された記録があり、歴史上もっとも古い作物の一つであるとされています。中国でも広く使われているスパイスで、五香粉(ウーシャンフェン)の原料になっています。

松田山ハーブ園の風景です

アニスに似た甘い香りは魚料理との相性がよいハーブ

  • 分類:セリ科・ウイキョウ属 / 原産地:地中海沿岸、アジア西部
  • 学名:Foeniculum vulgare
  • 別名:スイートフェンネル(和名:ウイキョウ・茴香)
  • 多年草・耐寒性 / 草丈:1~2m
  • 開花期:6~8月 / 栽培方法:地植え、鉢植え
  • 特徴
  • 日本には平安時代に中国から渡来し、長野県、富山県、岩手県で多く栽培されています。
  • 全草にはアニスに似ている香りがあり、料理の香辛料として知られています。フェンネル、フヌイユ、フィノッキオ、ウイキョウはどれも同じものでセリ科ウィキョウ属の植物です。特にヨーロッパでは、お馴染みの野菜として知られている。日本では、ウィキョウ(茴香)と呼ばれています。
  • 若い葉や茎はサラダや煮込み料理に、種子はパンやクッキー、リキュールの香り付けに利用されます。
  • 他には、健胃、去痰などの薬用効果がある事でも有名なハーブです。
  • 近縁種
  • スイートフェンネル(F.vulgare)→和名・ウイキョウ、フェンネルの基本種です。葉の香りが強く香り付けや薬用など幅広く利用されています。
  • フローレンス・フェンネル(F.vulgare ver.azoricum)→株元が丸く膨らみ、その部分を食用にします。フローレンスフェンネルは1年草で分類します。
  • 食用として収穫するつもりなら軟白処理が必要です。根株がゴルフボールくらいの大きさになったら茎の元あたりまで、周りの土を寄せて株を埋めます。根株に光があたらないようにすることで、青く変色して硬くなるのを防ぐためです。
  • ブロンズ・フェンネル(F.vulgare ‘Purpurascens’)→葉がブロンズ色になり、観賞用に適しています。

スポンサードリンク

今日のハーブ・タイトル

フェンネルは草丈が2mにも伸びるハーブです

肉料理の香り付けからサラダ、漢方として薬用にも利用される

  • 適応
  • 消化不良、健胃整腸、食欲不振、駆風、腹部膨満、乳分泌不足、便秘、更年期障害、ムクミ、鎮痙、発汗、月経不順、性欲減退、尿路結石
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • 爽やかで甘みのある芳香で、葉は魚・肉料理の臭み消し、マリネ、ピクルス、ビネガーやオイルの香料として。
  • 種子は、カレー、ザワークラウト、パン、菓子などに加えます。リキュールの香りつけハーブティーとしても利用します。
  • 用土
  • 水はけの良い、肥沃な土が適しています。やや乾燥気味の土壌を好みます。
  • 地植え(庭植え)の場合は、植える前に腐葉土や堆肥を多めに入れて混ぜ込んでおきましょう。
  • 鉢植えの場合は、腐葉土3:赤玉土5:堆肥・化成肥料2の割合で混ぜ込んだ土を使います。鉢のサイズは深さが30cm以上あるものを選びましょう。
  • 肥料
  • 肥料喰いなので、春と秋に固形肥料の置肥や液体肥料を与えましょう。早春に元肥をやるのを忘れないでください。

フェンネルはセリ科ウイキョウ属のハーブです

フェンネルはタネまきと株分けで増やします

  • タネまきで増やす
  • 適時期は、春が4~5月・秋が9~10月(発芽気温:15~21℃)です。発芽率がよいのでお奨めです。
  • 移植を好まず、苗が育ってから植え替えても根付きにくいので、育てる場所に直まきをするか、ピートポットなどで育苗したものを移植します。
  • 直まきの場合は、株間50cmで点まきして、本葉2~3枚のうちに間引いて1本を育てます。

  • 株分けで増やす
  • 株分けは2年経ってから行うのがよいでしょう。(適時期は春が4~5月・秋は9~10月)
  • 植えつけ
  • 鉢植えの場合は、直根性なので縦に深く伸びるので、30cm以上の深いものを選びましょう。若い葉茎を植えるのであれば、コンテナ栽培でも問題ありません。
  • 地植え(庭植え)の場合は、株が大きく茂るので60cm以上の間隔を空けて、植え付けます。
  • 詰まっていると株が生い茂り、日あたりが悪くなり、生育不良になるので注意しましょう。
  • タネを自家採取する場合は、同じセリ科のディルが近くに植わっていると、お互いに掛け合わさってしまうと出来たタネは蒔いても順調な生育をしないことが多いです。(よい株が出来ない、芳香が劣る)
  • 植え替え
  • 移植を好まないので、植えつける場所に直接、種をまきます。

葉と茎葉とて細くて華奢なハーブ

日当たりのよい場所を好むので株が茂って葉茎が込み合ったら間引きましょう

  • 水やり
  • やや乾燥地気味の土壌を好みます。
  • 地植え(庭植え)は、夏に雨の降らない日が何日も続くような場合だけ与えますが、基本的には水をやる必要はありません。
  • 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらタップリと与えます。冬は地上部が枯れても根は生きているので、回数を少なくして水やりを行います。
  • 手入れ
  • フェンネルは開花期になると、背が高くなってくるので支柱をしてやりましょう。
  • 病気→特になし
  • 害虫→カメムシ、アゲハチョウ、赤と黒の縦じま模様のアカスジカメムシが、夏の開花期に付きやすいので、見つけたらすぐに駆除しましょう。
  • 収穫
  • フェンネルの葉や茎はいつでも収穫できます。やわらかい部分だけを収穫します。球茎は春蒔きなら7月の上旬に、秋蒔きなら11月の上旬に収穫できます。
  • 種は株全体が黄色く枯れ、結実した果実が熟す前に、花茎ごと切り取って風通しの良い日陰で逆さに吊して乾燥させて、追熟させます。
  • 種子を採種するなら、黒くなる前に採りましょう。種子の色は、初期は黄色ですから褐色に変化する頃合を見計らって採種するのが良いでしょう。
  • 果実の収穫は、長い花期の中では株の部位により熟成する時期にバラつきがあります、8月頃に実が黄褐色になりかけた房を切りとって乾燥させます。
  • 果実(シーズ)は、精油成分のアネトールが含まれています。「適応」の項目にあるような、症状に適応しています。
  • 日当たり
  • 日当たりのよい場所を好みます。
  • 株が大きく茂って茎葉が混み合った場合は、茎を間引いて株の内部まで充分日が当たるようにします。

※ ハーブの栽培手入れ⇒トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。