ミッシェル メイアン-Michele Meilland は、高貴な色調の花弁は半剣弁高芯咲きで、ティー系の強い芳香があります。樹高は120cm程で全体にコンパクトにまとまった樹形になります。

ミシェル メイアンはハイブリッドティー系統の品種

アプリコットピンクの繊細な色合いのバラ

  • 早咲きの品種で、房咲きになるバラ。
  • 花つき、花もちもよく切り花としても長く楽しめるバラ。
  • メイアン社とはフランスの伝統的なバラの育種家ファミリー、その次女ミシェルの名前を冠したバラです。
  • ミッシェル・メイアンの枝は、細めでトゲが少なく扱いやすいバラ。
  • 半横張り性だが、株全体はコンパクトな樹形にまとまる。
  • ベーサルシュートの発生は少ないが、古株が衰えにくいので大切に管理しましょう。
  • 枝変わりに「つるミシェル・メイアン」があります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要。
  • 樹勢が強いので大株になれば悪条件に耐える。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ミシェル メイアンの花色は淡いアプリコット色

ミシェル メイアン強いティー・ローズの芳香がある

シュートの発生が活発で花つきがよいバラ

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1945年
  • 作出者:Francis Meilland
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Joanna Hill × Peace
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:中香(ティー香)
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ミッシェル・メイアンはコンパクトな樹形にまとまり鉢栽培にも適する

バラ園の風景:

春の京成バラ園の風景