マリア カラス-Maria Callas は、優れた香りをもつ”クライスラー インペリアル”の子孫です。香りの名花といわれた品種の子供だけあって、親譲りの強いダマスク系の芳香があります。耐寒・対暑性が優れていて、とても丈夫で育てやすいバラです。

マリア カラスの樹形は半横張り性です

濃いローズピンクの大輪花

  • 世界的に賞賛された名オペラ歌手マリア・カラスの名前を冠したバラ。
  • 少し丸味のある剣弁高芯咲きの花姿が艶やか。
  • 花つきは普通、花もちがよく花形がくずれにくい。
  • 半横張り性の樹形で、ガッチリした丈夫な株になります。
  • 耐寒・耐暑性があり樹勢も強いので育てやすいバラ。
  • 枝変わりに「つるマリア・カラス」があります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3回以上の定期薬剤散布を行えば病害の発生は少ない。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

マリア カラスは花もちがよい

マリアカラスの花色は濃いローズ色です

マリア カラスは耐寒・対暑性に優れた強健種です

マリア カラスの樹高は約150cmです

マリア カラスは丈夫で整った株立ちになる

マリア カラスの花名は20世紀を代表するオペラ歌手にちなむ

マリアカラスはハイブリッドティー系統

マリア カラスの樹形は樹高150cmで幅が約100cm程です

マリア カラスは樹勢があり丈夫で育てやすいバラ

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1965年
  • 作出者:Marie-Louise (Louisette) Meilland
  • 系統:[HT] ハイブリッド・ティー
  • 交配親:Chrysler Imperial × Karl Herbst
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(15cm・花弁数26~60枚)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年10月、2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

花弁が幾重にも重なったフックラとした花形

バラ園の風景:横浜・山下公園

バラ園の風景