• ナナカマド-japanese rowan は、北海道から九州、朝鮮半島、樺太などに自生する落葉性の小高木です。初夏になると1cmくらいの丸い花が多数集まり房状になって咲きます。
  • 花後には5mmくらいの小さな丸い果実を付けます。秋になると熟して真っ赤に色づき、落葉した後も枝に残り、彩りを楽しませてくれます。

ナナカマドはバラ科ナナカマド属の落葉高木です

街路樹として広く利用されている

  • 分類:バラ科・ナナカマド属 / 原産地:日本・朝鮮半島・樺太
  • 学名:Sorbus commixta
  • 別名:(和名:七竈)
  • 落葉高木・耐寒性 / 草丈:5~10m
  • 開花期:5~7月 / 栽培方法: 地植え (高木なので鉢植えには不向き)
  • 近縁種
  • ウラジロナナカマド(S.matsumurana)→裏白七竈 日本固有種で本州は白山以北、北海道の亜高山~高山に自生しています。落葉低木で樹高は1~2mくらい、葉は互生し奇数羽状複葉で小葉が9~13枚、6~8月に枝先に約1cmの5弁花を散房状に咲かせます。葉裏が粉を吹いたような白色になるのが特徴です。
  • ニワナナカマド(S.kirilowii)→中国北部原産の落葉低木で、樹高は4mくらいになります。葉は羽状複葉で小葉が7~11列、枝先に円錐花序をつけ小さな白い花を無数に咲かせます。
  • セイヨウナナカマド(S.aucuparia)→ヨーロッパ原産の落葉樹で、ヨーロッパ中西部から北極圏近くまで広く分布。生長すると10m近くになり、小葉は羽状複葉で花は枝の先端に250個くらいが10cm前後の散房花序を形成します。
  • ナンキンナナカマド(S.gracilis)→関東以西に自生して、樹高は2mくらいに育ちます。葉は奇数羽状複葉で互生、5月頃に枝先に黄白色の花を咲かせます。実はナナカマドのように赤く熟すことは無く、目立たない。
  • ホザキナナカマド(S.sorbifolia var S.stellipila)→穂咲七竈 本州の中部以北、東北、北海道、朝鮮半島、中国に自生する。樹高は2mくらいで、葉は互生し羽状複葉です。7~8月に新しい枝の先に、白色の花を咲かせます。
  • ナナカマドの特徴は非常に堅くて燃えにくいこと
  • ナナカマド(七竈)の名前の由来は、素材が非常に堅くて七回竈に入れて燃やしても燃えないことから、この名前が付いたといわれます。燃えにくいけれど、良質の白炭になります。
  • 葉は先が細長く尖っていて縁に、ギザギザがあり小さな葉が集まって1枚の葉となる羽状複葉と呼ばれるもので、その中でも9~15枚の小葉が集まって出来る奇数羽状複葉で、秋になると素晴らしい紅葉が見られます。高木なので鉢植えには適しません。
  • 地植え(庭植え)するのなら、1~2m位で生長が収まるナンキンナナカマドが適しています。
  • 以外の種は、6~10m以上になるのが大半なので自然の中で、自生しているものが大半です。

スポンサードリンク

今日のハーブ・タイトル

ナナカマドは紅く染まる紅葉や果実が美しい

バラ科の落葉高木で紅く染まる紅葉や果実が美しい

  • 適応
  • なし
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • 日当たりが良く、腐葉土などの腐植質がタップリ含まれる、湿気のある土壌が適しています。鉢植えには適しません。
  • 肥料
  • 極端なやせ地でない限りは、肥料を与える必要はありません。湿潤な土壌を好むので、腐植質の土壌に植え付けて、冬に堆肥や腐葉土を株元にすき込んでやりましょう。

ナナカマドの増やし方はどうするのですか?

  • タネまきで増やす
  • 秋に果実が熟したら、果肉を取り除き、すぐに蒔きます。すぐに蒔けない場合は、乾燥させないように保存しておき、春に蒔きます。タネを乾かしてしまうと、発芽しにくくなります。
  • 通常は植えてから実を付けるまで10年かかります、品種によっては3~4年で実を付ける種もあります。

  • 植え替え・植え付け
  • 根が小さい時期であれば植え替えは可能ですが、大きくなってからでは根付きにくくなります。
  • 植え付けの適期は落葉する冬の時期ですが、寒冷地では厳寒期が過ぎた芽が吹く直前が適期です。この時期だと芽の傷みも少なくてすみます。

ナナカマドは七度かまどに入れても燃え残ることからが語源といわれています

  • 水やり
  • タネまきの際、通常通りに発芽するまでは乾燥させないように水やりをします。
  • 手入れ
  • 基本的に自然樹形が適しているので放任でよいでしょう。
  • 庭植えの場合は、生長と共に枝が伸びたら、スペースも考慮しながら切り落としてやりますが、なるべく自然に近い樹形になるように手入れしてやりましょう。
  • 枝を切り落とした時、切り口が塞がりにくい性質なので、太い枝を切り落とした時は切り口に癒合剤(ユゴウザイ)など傷を塞ぐものを塗布してやりましょう。
  • 寒冷地では、病害虫の少ない樹木ですが平地や温暖地では、発生する可能性が高いです。
  • 病気→うどん粉病、黒斑病
  • 害虫→アブラムシ、ハマキムシ、ミノムシ、テッポウムシ 定期的に薬剤散布して発生を予防しましょう。
  • 収穫
  • 果実を収穫して種子を確保する。果実の熟す時期は9~11月です。
  • 日当たり
  • 日なたを好みます。

※ ハーブの栽培手入れ⇒トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。