姫-Hime は、姫はミニバラとしては数少ない芳香を持つ品種です。

姫は半八重の浅いカップ咲きです

白地にピンクのぼかしが入る

  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • シーズンを通して、晩秋まで咲き続けるミニバラ。
  • 生育旺盛で、ミニチュア種にしては大株に育つ。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病にはやや弱い。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。
  • 黒星病の防除⇒4月から11月の気温20~25℃くらいの時に発生する。葉に墨をにじませたような直径3cm位の病斑ができるのが初期症状。地面に近い葉から上に向かって病斑が広がり、やがて葉が黄変して落葉する。
  • 特に梅雨時や、秋の長雨の時期には注意が必要です。雨に当たると胞子が広がり、急速に感染が拡大する。一度かかると完全に殺菌するまでに大変な手間を要する。
  • そのためには、早期発見をして、病葉を摘み取り薬剤を散布しましょう。発見したら中3日位のペースで3回を目安に行います。
  • 雨や水滴のかからない場所では、黒星病は発生しないので、鉢植えは軒下や屋内に、雨が降りそうな時は軒下へ移動させましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

姫は花径が約4cmの小輪花です

姫はミニチュア系統です

姫の樹高は約90cmのミニバラです

花弁の裏地は白色で賑わいのある花

  • 作出国:日本
  • 作出年:1997年
  • 作出者:平林浩 氏 (京成バラ園芸)
  • 系統:[Min] ミニチュア
  • 交配親:Ko’s Yellow × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半八重浅いカップ咲き
  • 花径:小輪(4cm・8~21枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年6月

※ バラの手入れや病害虫防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をチェックしてください。

姫は半八重の浅いカップ咲き

バラ園の風景:横浜・山下公園

バラ園の風景