ほのか-Honoka は、数輪の房咲きになり花つきはやや少なめです。フロリバンダ系統のバラにしては大きめのサイズで、弁質が強く花もちがよい品種です。

ほのかはフロリバンダ系統です

白色に濃いピンクの覆輪が入るバラ

  • ほのかは1~3輪の房咲きになり、花つきはやや少ないバラです。
  • 花もちがよく強健で、長いあいだ散らずに咲き続けます。
  • 花びら同士が混み合わず、優雅なウェーブ状の花形をしています。
  • 枝にはトゲが多い、樹形は半横張り性でコンパクトにまとまります。
  • 2003年JRC入賞、2004年フランス・リヨン国際コンクール”グランド・ローズ・オブ・ザ・センチュリー”受賞したバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。出来れば1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は必要です。
  • 感染しやすいが症状は軽く、以前に健全な生育をしていれば衰弱はしない。防除のために、定期的な薬剤散布(月間3~4回)を実施しましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ほのかは数輪の房咲きになります

ほのかは花つき花もちがよい品種です

ほのかは大輪サイズの丸弁カップ咲きです

ほのかは厚みのある濃緑の照り葉も鮮やかな色合い

  • 作出国:日本
  • 作出年:2004年
  • 作出者:京成バラ園芸
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:kyomaiko(京舞妓) × Myojo(明星)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数13~27枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:京成バラ園 2014月5月

バラの病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

弁質が優れていて花もちがよいバラ

バラ園の風景:

横浜イングリッシュガーデンの風景