ペレニアル ブルー-Perennial Blue は、1枝に数10輪の花がうつむきかげんに、枝垂れながら密集して咲きます。(注:同一の品種名のバラがありました。このページに掲載した以外にも、イギリスのBernard F. Mehring が作出した同名品種がありました。交配親は少し異なります)

ペレにアル ブルーはローズ色の丸弁咲きの小輪花です

花弁中央は白く、濃紫から淡ピンク色に変わるバラ

  • ペレニアル ブルーは花もちがよく、返り咲く品種です。
  • 葉はノイバラのように小さくて、成株になると250cm以上に伸長するつるバラ。
  • シュートの発生は、若い株の時期だけで成株になると少なくなる。
  • ペレニアル ブルーは耐寒・耐暑性があり樹勢が強い。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。ただし、ハダニが発生しやすいので花後は必ず薬剤散布をしましょう。
  • バラの葉が少しずつ”さびた”感じになっていく兆候が現れたら、ハダニです。症状が出たら、すぐにダニ専用の薬剤を、葉の裏側を中心に全体に散布しましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ペレニアル ブルーはシュラブ系統です

ブーケのようにまとまって房咲きになる

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2007年
  • 作出者:Rosen Tantau 
  • 系統:[Cl] クライミング(ランブラー)
  • 交配親:Blue Rambler × Super  Excelsa
  • 参考:類似品種 作出⇒イギリス 2004年 Bernard F. Mehring  交配親:Veilchenblau × Super Excelsa
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:小輪
  • 香り:中香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:200cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ペレニアル ブルーは成株に育つと見上げるような大きなつるバラになる

バラ園の風景:

京成バラ園の風景