• タツナミソウ-japanese skullcap は、山野の林縁から平野の草原に道端、森林内の開けた場所などに生えます。
  • 茎を真っすぐに立てて株立ちになり、地下茎を伸ばして増えます。茎は赤味を帯びて、直角に白色の粗い開出毛が多く生えます。葉は数対が対生し、長さ幅とも1~3cm程度で広卵形、縁は鋸歯があります。

タツナミソウはシソ科タツナミソウ属のハーブです

福島県以南の本州、四国、九州などに自生しています

  • 分類:シソ科タツナミソウ属 /
  • 原産地:日本、アジア東部、南部
  • 学名:Scutellaria indica
  • 別名:ヒナノシャクシ(雛杓子)、(漢字表記:立浪草)
  • 多年草・耐寒性 / 草丈:20~40cm
  • 開花期:4~5月 / 栽培方法:地植え、鉢植え(プランター)
  • 特徴
  • 多く栽培されているのは、変種のコバノタツナミです。日当りがよく乾燥気味の場所に生えています。花は、紫色が基本ですが赤紫、藤色、白色などがあります。いくつか花色の違うものを混ぜて植えておくと、自然に交配してできたコボレタネから、異なる色合いの花が咲いてくるのも楽しみです。
  • 花姿は普通に開くタイプと、小さなツボミのままの閉鎖花の2週類があります。5月の開花期を過ぎると閉鎖花を付けます。
  • 仲間は多数あり、似た花を咲かせる種類も多く一見すると見分けがつかないほどよく似ています。
  • 葉の小さなコバノタツナミソウや、シソの葉脈によく似たシソバタツナミソウ、ツクシタツナミソウなどがあります。

スポンサードリンク

今日のハーブ・タイトル

タツナミソウの漢字表記は立浪草です

春から初夏にかけて個性ある形をした可愛らしい花をつける

  • 適応
  • なし
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • 水はけのよい土壌を好み、土質は選びません。
  • 鉢植えの場合は、草花用培養土6:赤玉土(小粒):4の割合で混ぜ込んでおきます。肥沃の度合いは普通であれば使いなれた土で大丈夫です。盆栽のように小さくまとめるのならば、山砂か赤玉土を主体にした土で育てます。
  • サクテラリア・アルピナを植え付ける場合は、高山植物用培養土か、軽石、硬質鹿沼石、日向石、赤玉土などの小粒を等量配合で混ぜて使います。混ぜる前に、一度よく水洗いをしてみじんを完全に除きます。
  • 地植えの場合は、水はけが悪い湿り気のある場所は避けましょう。むしろ少し乾燥気味のほうが育ちます。
  • 肥料
  • 地植えの場合は、特に必要ありません。
  • 鉢植えの場合は、春の芽出し後と、夏前に各1~2回、チッ素、リン酸、カリウムを等量配合した緩効性の化成肥料や配合肥料を施します。施すのは少量でよく、3号鉢で一つまみ程度です。コガネバナは、大型になり肥料を喰うので草花用の液体肥料を、月に1~2回追肥します。

タツナミソウ 花は唇形で、茎先に並び、同じ方向を向いて付き、波が立っている特徴がある

タツナミソウの増やし方は?タネまき、それとも苗から?

  • タネまきで増やす
  • 6~9月にタネを採って、冷蔵庫に保管して翌年の2~3月上旬にまきます。
  • 開花は2年目です。種類によっては、こぼれダネで元気に生えてきます。
  • 挿し芽で増やす
  • 適期は6~7月です。生長した茎を切って清潔な用土に挿します。根付いたらポットに鉢上げしておきます。
  • 株分けで増やす
  • 植え替えと同時に行います。茎や地下茎が絡み合い分けにくくなりますが、一株を3~4等分します。

  • 植えつけ
  • 適期は6月です。
  • 植え替え
  • 地植えの場合は、植え替えの必要はありません。
  • 鉢植えの場合は、毎年植え替えましょう。適期は春が2~3月の芽だし前、花後の9月~10月上旬です。盆栽のように、小さくつくってあるものでも毎年植え替えしましょう。

タツナミソウ 波頭のように一方向に花がつく特徴がある

  • 水やり
  • 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらタップリと与えます。
  • 地植えの場合は、必要ありません。
  • 手入れ
  • 病気→特になし
  • 害虫→ハダニ 主に葉裏に付きやすく、汁を吸われた部分の表面が白い斑点になります。網を張るタイプが多発すると、クモの巣状になり群生します。その後、頂頭部に集合し分散して増えていきます。時々、霧吹きをすると発生が抑えられます。見つけたら葉ごと取り除きましょう。
  • 日当たり・置き場所
  • 日向から明るい日陰まで、様々な環境でも栽培が出来ます。
  • 春の間は、日向の方が全体に美しく育ちます。風通しがよい方が、丈夫に育ちます。

※ ハーブの栽培手入れ⇒トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。